INTERVIEW 社員インタビュー

社員インタビューメイン画像

エンジニア

松田 康章

2015年入社

開発グループ ソリューション開発チーム・SREチーム
サーバーサイドエンジニア

立場関係なく建設的な議論ができる。
お互いのレビューを通じてスキルが伸びる。
エンジニアとして成長できる環境があります。

インタビュー写真

前職は何をやっていましたか?

SIerで受託開発(Webアプリ開発:Ruby, Java、インフラ構築:オンプレ)を行っていました。直近の業務では、SaaSでグループウェアの提供を行うなど、インフラエンジニアとして働いていて、OS(WindowsServer, RHEL)・ネットワーク(LB, SW)の設定、リソース監視(Zabbix)やデータセンターに行き、ハードウェアのメンテナンスを行ったりしていました。

インタビュー写真

転職のきっかけや
アイリッジに入社した動機は何ですか?

インフラエンジニアだけで良いのかという思いと、担当していたサービスに将来性を見出せなくなり、視野を広げようと思って転職を決めました。

納得のいく仕事、社会に役立つ仕事がしたいなと漠然と思っていて、自社サービスがあるところを中心に探しました。

鹿児島県の実家で喫茶店を経営しているのですが、地域全体としても盛り上がっておらず、伸び悩んでいる状況でした。それで、「O2O」サービスの開発に携わり、人が集まる仕組みを学びたいと思い、アイリッジを選びました。

インタビュー写真

現在はどんなお仕事をしていますか?

サーバサイドエンジニアとして、大手ショッピングセンターアプリ、大手アパレルメーカーのアプリ開発などを担当しています。

前職で受託開発をしていたので、Webアプリ開発・インフラ構築の経験を活かし、現職でサービスの提供を行っています。

今の仕事は運用業務が多いのですが、初めの設計から関わっていたら運用がもっと楽になるなということがあります。そのような問題を解決するためにも、今後は上流工程にもう少し関与し、会社全体の仕事を効率化していきたい仕事を減らしていきたいと思っています。

また自分自身の成長のためにも、今後は新しいことにも挑戦したいので、将来的には自社サービスの開発などもしていきたいですね。

インタビュー写真

アイリッジで働くことの魅力とは?

自分が書いたコードに対して、社内のレビューを受け、品質・スキルを高めることはもちろんのこと、自分自身もレビュワーとして参加し、立場関係無く問題を指摘できることは良い風土ですね。

私自身、新たな言語にも挑戦していく中で、こういった社内環境は自分の成長を後押ししてくれているなと感じます。チーム内では週一でミーティングを設け、その週に発生した問題点について、KPTベースかつチームメンバー全員で問題解決に向けた取り組みを行っています。

部活が盛んで、部門を超えて交流できるのがいいですね。私はゴルフ部の部長を務めているのですが、平日の仕事帰りや週末、みんなで練習に行ったり、週末には部員でコンペをしたりと、社内みんなが仲が良いと思います。

1日の流れ

1日の流れ 1日の流れ
TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT