INTERVIEW 社員インタビュー

社員インタビューメイン画像

PM

金箱 彰夫

2014年入社

開発グループ
プロジェクト推進チーム
プロジェクトマネージャー

出会ってみたら面白かった。
価値があると思えば、挑戦できる。
既成概念にとらわれない自由な風土です。

インタビュー写真

前職は何をやっていましたか?

大手SlerでSEをやっていましたが、プロジェクトマネージャー的な動きを多く経験しました。

その経験が今の仕事にも活きていますが、アイリッジのPM業務の範囲はいい意味で、想像を越えています。

当初から、既存の枠組みに捉われず、何にでも首を突っ込んで関わっていける風土を求めていたので、この環境に大きなやりがいを感じています。

インタビュー写真

転職のきっかけや
アイリッジに入社した動機は何ですか?

前職は大企業で、一人ひとりが特定の業務に特化し、スペシャリストを育成する傾向にありました。業界のルールや風土、技術面でもどんどん一つの世界に限定されていくことが、自分の志向とは違うかなと思い始めました。

大組織や歴史ある業界で、安定的な技術が利用されている環境よりも会社の歴史が短く、勢いのある会社で新しいことを学んでいきたいと考え、知人からアイリッジを紹介してもらったのがきっかけです。

面接が、答えが一つではない課題を出されて、それについて解決策を提示していくという内容だったのですが、チャレンジングでとてもユニークだなと感じました。社員も人間的に魅力を感じられる人が多く、ここなら自分も成長できそうだなと思い、入社を決めました。

インタビュー写真

現在はどんなお仕事をしていますか?

大手アパレルメーカーや業務提携している企業の案件などを担当しています。

それから、PMとは全く別の軸で言うと、新規事業提案などもしています。他社と何か協業できることはないか、関係者を交えてブレストしたり、企画を考えたりしています。

「popinfo」が保有する位置情報は蓄積しているデータ量が多く、価値があるので、それを活かした新たな取り組みができないかを模索しています。これは、PMの仕事として振られたものではないのですが、自分自身が価値があると思ったものは形にしていける。アイリッジにはそんな風土があります。

インタビュー写真

アイリッジで働くことの魅力とは?

O2O領域で長らく事業を行ってきて、ノウハウがたまっているということ、企画の提案から開発まで全体を請け負える体力、技術力があることも魅力ですね。

アイリッジのクライアントは大手企業が中心で、世の中のトレンドに対するクライアントの感度は非常に高いものがあり、提案にも身が引き締まる思いです。

また、人間力とでも言いますか、コミュニケーションを積極的に取っていける人はすぐにでも順応できると思いますよ。PMというポジションで言えば、デザインやエンジニアのスキルを持っている人はその経験が活かせると思います。

個人的には、解決策を自分で導き出せる人に来ていただきたいですね。あの面接を楽しめる人ならきっと、アイリッジでも活躍できること請け合いです。何か一つでも心当たりがある方、ぜひ、ご応募をお待ちしています。

1日の流れ

1日の流れ 1日の流れ
TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT