INTERVIEW 社員インタビュー

社員インタビューメイン画像

事業責任者

川田 修平

2015年入社

FinTech事業推進チーム
事業責任者

経営層の近くで機動力を発揮して働ける。
世の中をあっと驚かせる新しいサービスを提供する。
新規事業開発はそんな面白みがあります。

インタビュー写真

前職は何をやっていましたか?

新卒で入社したPwCで会計システム(ERP)のシステムコンサルタント、BCGで戦略コンサルタントに従事した後、事業会社へ転職。

GEやエス・エム・エスで、新規事業開発や事業責任者をしました。エス・エム・エスは看護師、薬剤師、栄養士、ケアマネージャー向けの人材紹介業や介護事業者向けの業務パッケージを展開している会社ですが、当時、マザーズ上場前後のタイミングで、経営陣の誠実で真面目な人柄に共感し、一緒に成長していく手応えを感じながら働くことができました。

看護師向けの人材ビジネス以外のサービスを担当しており、コミュニティサイトの運営や、出版会社や通信販売会社の買収、統合を担当していました。

インタビュー写真

転職のきっかけや
アイリッジに入社した動機は何ですか?

BCGで同時期に働いていたこともあり、社長とはその時からの繋がりで、前職を退職する際に、声をかけてもらいました。会社全体の事業を見渡せて、ハンドルできる規模感であること、経営陣とのコミュニーケーションが近いこと、新規事業に従事できること、これまで従事したことのない営業をプレイヤーとしてできることなどが決め手となりました。

大企業では、色々なしがらみや制約、組織の壁、既存事業との整合性などによって、スピードが落ちたり止まってしまったりすることを、先んじて動くことで市場を制するような、いわゆるジャイアントキリングと言われるような戦い方に面白みを感じます。

これまでいわゆるイノベーションのジレンマに陥りがちなケースをたくさん見てきましたが、今はベンチャーならではの機動的な動きで、一歩でも先に行きたいと思っています。アイリッジは、経営に近い所で手触り感のある、つまり思考と行動のループが良い形でできる環境があるので、理想的ですね。

インタビュー写真

現在はどんなお仕事をしていますか?

いくつかのクライアントも抱えていますが、電子地域通貨「MoneyEasy」事業の立ち上げを担当しています。現在、プロダクト(=サービス)の開発フェーズにあり、頭でっかちにならないように、クライアントと直にやりとりすることを特に意識していています。クライアント、さらにはその先のエンドユーザー・クライアントの既に顕在化しているニーズだけでなく、市場構造について体感を通じて理解を深め、潜在的なニーズも感じ取って、プロダクトやソリューションの開発につなげるプロセスが面白いですね。正に、思考と行動のループで、機動力のあるベンチャーならではの領域だと思っています。

インタビュー写真

アイリッジで働くことの魅力とは?

自分がやりたいことについて、しっかりとした作戦や戦略を持って進めば、サポーティブな環境が整っていく会社だと思います。

もちろん、新規事業を進める上では軋轢や面倒なことも多少ありますが、それを乗り越え、学びを増やしてくことで、個人としても会社としても成長できると思います。また、ベンチャー企業における新規事業では、営業を疎かにしがちで、結果、資金がショートして失敗する事例も多いので、クライアントがあってこその新規事業とも感じています。

参入障壁の低いレッドオーシャンの市場で体力勝負の泥仕合をするのではなく、自社の強みを発揮し、自分たちにしかできない戦い方で、世の中に新しい価値を生み出したい。そんな環境で自身の力を発揮したいとお考えの方には、うってつけの環境だと思います。

1日の流れ

1日の流れ 1日の流れ
TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT