スマートマネキンが作り出す新しいO2O

20141106_O1 こんにちは。オムニちゃんです。 寒くなってきたから、新しいコート欲しいな~なんて最近思ってます。 今回は、着ている服の情報を発信してくれるマネキンのお話よ。          

http://www.apparel-marketing.com/research/953

http://www.apparel-marketing.com/research/953

  ロンドンのベンチャー企業Iconemeが開発したVMBeaconというアプリが、今ロンドンのファッションブランドのお店で大活躍しているんだって。   お店のショウウィンドウって、トレンドの服がディスプレイされているでしょ。 ディスプレイのマネキンにVMBeaconの装置を取り付けて、着せる服の情報を入れておくの。 そうすると、VMBeaconのアプリをダウンロードしているユーザーがお店の50メートル以内に近づくと、Bluetooth経由でマネキンが着ている服の情報が、ユーザーのスマホの画面にメッセージとして届くんだって。  

アプリイメージ

アプリイメージ

  私たちってお店の前を通るとき、この服いいなと思ってもなんとなく通り過ぎちゃうじゃない? 後になって、あの服どこのお店だったっけ?なんて思うこともあるし。 逆に、この服手に取ってみたい!と思って入店しても、手の空いている店員さんがいなかったりして対応してもらえないときも。 そういう時もこのアプリがあれば大丈夫!というわけ。 ディスプレイの服が、店内のどこにあるかもアプリが教えてくれるし、限定クーポンも届くんだって。   アプリは、実店舗とオンラインサイト、どちらにでも誘導が可能なの。 だから実店舗が閉店した時間帯でも、スマートマネキンが店員さんとして24時間、販売チャネルになってくれているというわけ。 ユーザーにとって便利なのはもちろんだけど、お店にとってもこれまでただ見せるだけだったマネキンの服が、高い確率で購入につながることに成功しているみたいよ。   参考URL: http://www.apparel-marketing.com/research/953 http://www.iconeme.com/index.html http://www.retailenvironments.org/2014/08/01/iconeme-launches-beacon-technology-for-vm/

FANSHIP

アプリデータを収集・分析、セグメンテー
ションしたデータをもとに顧客との最適なコ
ミュニケーションを実現します。

アプリ無料相談

アプリの企画、開発、UI/UX改善やグロース
ハックに関するお悩みなど、お気軽にご相談
ください。オンラインでもご対応可能です。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT