O2Oまとめ

保険業界でのTechnology活用(InsTech)事例

金融業界でのTechnology活用「FinTech」が盛り上がっていますが、保険業界でのTechnology活用「InsTech」も動きが活発化しそうです。

これまでも保険会社や保険代理店などが、様々な形でスマートフォンアプリを展開しています。

Amazon Goを追随?!続々と登場する無人店舗

記憶に新しいAmazon Goの登場で注目されるようになった無人店舗。思えば店員を介さないオフラインでの決済は、セルフレジの登場からだったかもしれません。最初はなかなかセルフレジに並ぶ客はいなかったものの、いまでは若者から老齢の方までセルフレジで決済をすませるまでに至っています。

アプリの新トレンド!?AI画像検索機能について

梅雨の時期はジメジメして蒸し暑いので毎日着ていく服も迷いますよね。
私は既にポロシャツを解禁しておりますが(笑)

さてそんなシーズンだからこそオシャレには気をつけたいですね!
皆さんは洋服をどう探していますか?

ぞくぞく登場!チャットボットサービスの紹介

最近では、チャットはオンライン上における人とのコミュニケーションではなく、人とコンピュータ(人工知能)との対話であるチャットボットが広まっています。
今回は、今後多くの企業が導入すると思われるチャットボットの事例を紹介いたします。

ホテル×IoT

そろそろ夏休みのご予定は決まりましたでしょうか?旅の行先はもちろんの事、 宿泊施設も旅の思い出をより良くするための重要な要素の1つですよね。
今回は、ITを活用した便利で快適な体験ができるホテルのサービスについてご紹介させて頂きます。

空港内でのビーコン活用が大規模化!?

Bluetoothによる近接検知のプラットフォームは2013年9月のiBeaconの登場以降、各企業で事例が登場してきましたが、2015年7月にGoogleによるEddystoneプラットフォームの提供によって両OSに使いやすい環境になってきています。その影響か昨年から空港に大規模なiBeaconの導入が進んでいるように思われます。

屋内位置測位はbeacon?Wi-Fi?いえいえ、光という選択肢もあります!

皆さんは「可視光通信技術」という言葉をご存知ですか?
一見、最新の通信技術のように思われますが、簡単に言うと「人の目に見える光を介した情報伝達」です。
光による通信は古く、紀元前800年頃から古代ギリシャで使われ始めた狼煙(のろし)や灯台、信号機など身近で目にするものも多くあります。

1 / 2412345...1020...最後 »
pageTop