MATERIALITY 重要課題(マテリアリティ)

特定プロセス

Step1 個別課題
の抽出

TCFD/GRIスタンダード/SASBスタンダード/ ISO26000などのガイドライン・国際規格やESG評価項目を参照の上、当社における課題の抽出を実施

Step2 個別課題
の評価

個別課題を「当社にとっての重要性」「ステークホルダーにとっての重要性」の観点で整理・評価

Step3 評価妥当性
の確認

社外取締役や外部専門家へのヒアリング・協議を行い、評価の妥当性を
確認

Step4 マテリアリティ
の特定

取締役会決議を経て、当社グループのマテリアリティを特定

当社のマテリアリティ

マテリアリティ No 重要課題
OMO/IT業界の持続的発展への貢献 1 アプリ・ITを通じた社会課題の解決
2 データ利活用やUI/UX改善によるサービス品質向上
安全かつ信頼できる事業運営基盤の
確立
3 ソフトウェアインフラとしてのサービスの安定提供
4 情報セキュリティ対策とプライバシー保護
5 サプライチェーンにおける人権尊重
ウェルビーイングの実現 6 人材の育成/活躍支援
7 ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン
8 働きやすい労働環境づくり
地球環境の保全 9 気候変動への対応(温室効果ガスの排出量削減)
健全かつ透明性の高い経営体制 10 コーポレートガバナンス
11 データ利活用やUI/UX改善によるサービス品質向上

マテリアリティマップ

マテリアリティマップ
TOP

事業・サービスに
関するお問い合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問い合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT