O2Oのリーディングカンパニー

O2Oのリーディングカンパニー

当社は、フィーチャーフォン時代から他社に先駆けてO2O事業を手掛けてきました。
アプリ開発、O2Oソリューションの提供だけでなく、顧客に配布するクーポンの設計など、O2Oに関するマーケティングも提案できるのが強みです。

クライアント一覧

多くの企業様でアプリ開発をご支援し、またソリューションを導入して頂いております。詳しくはこちら

O2O・オムニチャネル分野のリーディングカンパニー

アイリッジでは、フィーチャーフォン時代からいち早くO2Oに取り組んできた経験をもとに、スマホアプリの企画・開発およびスマホアプリ向けO2Oソリューション「popinfo(ポップインフォ)」の提供を行ってきました。

popinfoは、GPS、Wi-Fi、iBeacon(Bluetooth)などの位置情報と連動して、スマートフォンの待ち受け画面にメッセージをポップアップ表示させるとともに、時間・属性など、配信対象を絞り込むことで、よりユーザーに最適化された情報の配信を実現します。
既に、GU、マツモトキヨシ、東急電鉄、トヨタカローラ神奈川、三菱東京UFJ銀行など、小売、サービス、EC、金融等様々な業種の企業の300アプリ以上にpopinfoが導入されており、7,000万以上(2017年9月時点)のユーザーが利用している国内最大級のプラットフォームを提供しております。

アプリ開発における高い企画力・技術力

アイリッジはO2Oの企画、技術の両面において強みを持っています。
売上増など企業様のビジネス要件を満たすスマホアプリを企画し、高い技術力で実際に形にすることができます。
また、popinfoなどの自社サービスにおいては、特に位置情報の領域で他社と技術的に一線を画する製品を提供しています。
popinfoは、GPS、Wi-Fi、iBeacon(Bluetooth)などの位置情報を検知し、情報配信の範囲を50m未満から10kmまで設定して集客できます。
分析面では、来店から購買に至る顧客の一連の行動に対し効果的にフォローして、データをマーケティングに活用することが可能となっています。 例えば百貨店などの小売業では、店舗の近くにいるユーザーに対してGPS配信でリーチして店内へ誘導し、店内にいるユーザーに対してはWi-FiやiBeacon(Bluetooth)配信で、特定のフロアやイベントの情報、さらに特定のクーポン情報などを提供して購買意欲を刺激するといった利用ができます。

また、ミリ秒単位での月間数十億~数百億のリクエストを処理し、120億件を超える位置情報レコードを支えるサーバ管理技術によってpopinfoのプラットフォームは支えられています。

ソリューションに連携した、効果あるO2Oマーケティング力

アイリッジは、O2O関連の技術面だけではなく、販促・集客のための企画ノウハウを蓄積してまいりました。そのため、アプリのMAUを高める効果あるマーケティングを提案させていただいています。
スマホによるコミュニケーションサポートを通じて売上向上するため、例えば、流通業・小売業のクーポンアプリでは、単純なスマホ向けクーポン配信ではなく、ユーザーにゲームをさせてからクーポンを取得させるといった仕掛けを入れています。それによりアプリのアクティブ率が高まり、リアル店舗への誘導に効果が上がっています。

popinfo 他社ツールとの連携も柔軟に対応

popinfoは集客・販売促進をメインとして利用頂いておりましたが、最近のクライアント様のニーズに応えて、ターゲティング決済のサービス「C-less」との連携を実現してきています。
また、APIを提供することにより、CRM等クライアント様のもつビッグデータと連携して、顧客ロイヤリティにあったセグメント配信が可能になります。また、ウェブサイトの閲覧履歴に基づくDMP配信や、ソーシャルメディアの分析結果に基づいた配信など、他社ツールとも柔軟に連携できます。さらに、弊社強みである位置情報データと連携した精度の高いターゲティングを実現することも可能です。

コメントは受け付けていません。