タグ:

Androidエミュレーター「Genymotion」

Android開発を行う時にデバッグや簡単な動作確認時にAndroid仮想デバイス(AVD)を起動させた結果、起動・処理の遅さにイライラするという経験が一度はありますよね? そんなイライラ解消のために今回は「Genymotion」をご紹介いたします。
Genymotion
http://www.genymotion.com/

http://www.genymotion.com/

起動、処理速度は非常に高速です。 PCの性能にもよりますが、実機より高いベンチマークを叩きだすこともあります。 EclipseやIntelliJ IDEAのプラグインも公式に存在するのでAVDのように起動できます。 ※ちなみに去年ぐらいからありますので目新しいものではありません。   <対応OS> Windows 32/64 bits Mac OS X 64 bits Linux 32 bits (Ubuntu) Linux 64 bits (Ubuntu) Linux Debian 64 bits Other Linux distributions (Redhat, Fedora, …) are not officially supported.
使用手順
使用するための手順を簡単に書きます。 環境はWindows7、Genymotionバージョン2.2.0となります。 Genymotionのバージョンによっては順番や動作が異なる場合がありますのでご了承ください。   1. http://www.genymotion.com/へアクセスしユーザー登録 2. 「Get Genymotion」ボタンより自分のOSに合った本体をダウンロード 3. インストールして実行 4. Addボタンや初回ダイアログから端末作成 5. Settingボタンからお好みでいろいろ設定(Android SDKの指定などもここからできる) 6. 起動   起動画面〜起動後はこのようなイメージです。
起動画面

起動画面

起動後

起動後

Genymotion2.0.0あたりからGooglePlayが含まれていないため、必要ならGenymotion-ARM-Translationと各AndroidOSバージョンに対応したGAppsをインストールしてください。 apkやzipからのアプリインストール方法は、起動中のGenymotionにドラッグ&ドロップするだけです。 GooglePlayをインストールすれば、実機と同じようにアプリをGooglePlayからダウンロードすることも可能です。
GooglePlayからダウンロードできます

GooglePlayからダウンロードできます

おまけ
多々ある機能のうちAVDにもある位置情報の座標を送信する画面はこんなイメージです。 Genymotionの右側あたりにアイコンがありますのでそちらから開くことができます。
座標送信画面

座標送信画面

以上、Genymotionの紹介でした。

個別相談会

法人様向けに、無料個別相談会を設けて
おります。お気軽にご相談ください。

お申込みフォームへ

無料トライアル

導入をご検討のお客様向けに無料
トライアル期間を設けております。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT