チラシのないGUのO2O戦略とは

こんにちは。オムニちゃんです。 20140922_O1 今月、GUでは「スカート占いキャンペーン」やってます。 きょうは、どのスカートを選ぼうかな~。 ところで、GUって、ユニクロと同じグループ会社なんだけど、販売戦略が全然違うんだよ。紹介するね。   スマホをシェイクしたり、叫んだり 今回のスカートキャンペーンみたいに、GUのキャンペーンって、すっごくおもしろいんだよ。 O2O戦略を積極的に仕掛けているの。 これまでにやってきた中で印象的だったのは、スマホを5回シェイクすると抽選で一日1000人に「990円ジーンズ」が当たるっていうのとか、スマホに向かって叫ぶと壁紙がもらえるっていうのもあったし。 新しいロゴができたときには、お店の看板やウェブサイトの「GU」にアプリのカメラをかざして100円クーポンが当たるっていうのもあったね。 20140922_01 今って、お店から勝手に配信されるクーポンや情報の開封率って、たったの1%ぐらいなんだって。 メール通知なんかもすぐに解除されちゃう。 でも、GUではアプリをダウンロードした人のうち、月1回以上起動する人、メールのプッシュ通知を希望する人がともに8割もいるという驚きの数字。「自分の好きな“友だち”のように思ってもらえるアプリにしたかった。」っていう思いが、GUにはあるんだって。   モバイル会員がリアル店舗でモバイル価格で買える 2011年から、GUは、紙のチラシからアプリのチラシに方針変換。 チラシは配布数が増えればコストも上がるけど、アプリは配信人数が増えてもコストが変わらないから、大幅なコスト削減につながるよ。 モバイル会員はオンラインストアで標準価格よりお得に買い物ができるというシステムはよく見かけるけど、GUではリアル店舗でもモバイル会員証を提示するだけで同じ価格で買えちゃうんだって。 アプリそのものに魅力があるから結果的にリアル店舗にもうまく誘導できてるっていう、O2Oがすっごくうまくいっている例だよね。 20140922_02 こうやって、GUは、顧客の囲い込みに大成功しているというわけ。 GUがグループ会社のけん引役だね!   参考URL: http://www.gu-japan.com/ http://solomolab.moduleapps.com/guapp131216/ http://toyokeizai.net/articles/-/14109 http://toyokeizai.net/articles/-/14274

「O2Oまとめ」を運営するアイリッジは、GU、東急電鉄、トリンプなど、様々な企業様の公式アプリを企画・開発させていただいております。
アプリを通じた企業とユーザーとのコミュニケーションツールとして業種を問わず、幅広いシーンでご活用いただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

TEl:03-6441-2325

営業時間: 平日10:00-19:00

pageTop