お目当ての服の棚が光る?O2Oアプリ

20141007_O1

こんにちは。 オムニちゃんです。

洋服を買うときって効率的に選びたいよね。
だからあらかじめ、公式サイトなんかでチェックしてから行くようにしているの。
でもお店に着いたときにどこに何があるのやら…ってなることないかしら?

今日紹介するのはそんなときに大活躍するアプリです。  

 

スイスのO2O事例:アウトドアブランドの挑戦

スイスのアウトドアブランドMammut。
MammutのアプリのO2O戦略は、商品検索から商品購入までのサポートが徹底しているの。

 

http://adgang.jp/2014/06/64143.html

まず専用アプリのダウンロードした後、気に入った商品をFacebookでシェアしたりPinterestで保存したりするの。
そうするとアプリにも同じ情報が保存されるんだって。

そのお客さんが実際にお店を訪れた時、その商品がある棚がなんと光り始めるの。
チェックしてあった商品データが、即アプリから店舗に転送される仕組みになってるみたい。
だから自分が欲しいものがどこにあるかがすぐわかるってわけ。

 

http://adgang.jp/2014/06/64143.html

複数の人がお店に同時にいるケースはもちろん考えられるけれど、人によって光る色が違うので自分の色の棚だけを見ていけばいいんだって。

 

アプリで顧客のニーズを把握!効率的な接客が実現

アプリの情報は店員もタブレットで確認することができるよ。
入店したお客さんが今日どんなものを探しに来て、好みの色やスタイルは何なのかをすぐに把握することができるから便利だよね。
その結果、効率的な接客につながっているんだって。
もちろん、一般的なアプリみたいに割引サービスもあって、アプリユーザーは10%オフになるよ。

 

http://adgang.jp/2014/06/64143.html

 

O2Oアプリで認知度向上と来店促進!他社との差別化にも成功

認知度を上げる・来店促進につなげるだけに留まらず、購買促進まで一歩踏み込んだアプリ。
他社との差別化が大いに図れているとの評価や話題性も大きいみたい。

この事例みたいに、“ほかでは味わえないユニークな体験”“来店後のサポート”が、これからのキーワードになりそうね。  

 

  参考URL: http://www.adeevee.com/2014/06/mammut-store-ecosystem-online/ http://adgang.jp/2014/06/64143.html http://tento-promotion.com/case/?p=58

FANSHIP始めませんか?

大手300アプリが導入。アプリデータから
顧客との継続的な関係づくりを実現します。
使われないアプリから"愛される"アプリへ。

アプリ無料相談

アプリの企画、開発、UI/UX改善やグロース
ハックに関するお悩みなど、お気軽にご相談
ください。オンラインでもご対応可能です。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT