ランチタイムのワガママ叶えます!アメリカの最新フードデリバリーアプリとは?

20141015_O1

オツオです。食欲の秋ですね~。
おいしいものをいろいろ食べたい季節になりました。

さて、ランチタイムもゆっくりできない皆様に朗報です!
「外に食べに行く時間がない!」「外に食べに行く元気がない…。」そんな経験よくあるよね?

今回紹介するのは、いつでも、どこにいても、デリバリーしてくれるレストランを見つけてくれるアプリだよ。
しかもO2Oが実現できちゃう。 ちなみに僕はデリバリーといえば、やっぱりピザなんだけどね。  

 

 

アメリカのフードデリバリーサービスのアプリ、FoodNow。

アメリカのフードデリバリーサービスのアプリ、FoodNow。

 

アプリで簡単にお店を発見!注文も!!

このアプリをダウンロードすると、自分がいる場所から近いレストランを探してくれて、料理の注文ができるんだって。
しかも、今注文すると何分で届くのかが、メニューごとに画面に表示されているんだ。
忙しいユーザーにとってはとても便利なアプリだよね。

位置情報をもとにレストランを紹介してくれるから、注文から配達までの時間が短いことが最大のメリットだよ。
自宅でも会社でも、友人宅にいても、自分が地理に詳しくないエリアにいても、情報を教えてくれるのが魅力。

日本でもよくあるピザみたいなデリバリー専門のお店だけでなく、レストランとして営業している店が参加しているんだ。
「ピザじゃなくて、きちんとした料理をデリバリーして」というワガママをかなえてくれるアプリになっているよ。

 

アプリは店舗にとっても新規顧客開拓チャンスの宝庫

日本でもデリバリーサービスはあるけど、自分が知っているお店から選択して注文するよね。
でもこのアプリを使えば、自分の知らない近くのお店の情報が即座にスマートフォンの画面に現れるから選択の幅が広がるんだ。
逆にレストランにとっても、「近くにこんなレストランあったんだ!」とお店を知ってもらえるチャンス。
「おいしかったし、何せ近いから、今度はお店に足を運んでみよう!」ってなることが期待できちゃう。
これぞまさにO2O戦略大成功!  

 

参考URL:
https://itunes.apple.com/us/app/foodnow-get-delivery-in-one/id906928316?mt=8
http://u-note.me/note/47499502?c=re0
http://www.gofoodnow.com/

FANSHIP始めませんか?

大手300アプリが導入。アプリデータから
顧客との継続的な関係づくりを実現します。
使われないアプリから"愛される"アプリへ。

アプリ無料相談

アプリの企画、開発、UI/UX改善やグロース
ハックに関するお悩みなど、お気軽にご相談
ください。オンラインでもご対応可能です。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT