iBeaconがきょうの食卓メニューを助けます

20150107_O1 お正月、食べ過ぎちゃったオムニちゃんです。 2015年、新しい年が始まったわね! 食べ過ぎオムニちゃんが今回紹介するのは、アメリカのレシピ検索アプリ。 iBeaconと連動しているんだって。スーパーマーケットのO2O対策にもなっているみたいよ。

アメリカ版“クックパッド”

 

アプリイメージ

アプリイメージ

アメリカのレシピ検索アプリ“Epicurious”は900万人が登録している人気のアプリで、冷蔵庫にある残りものの野菜や肉などを検索ボックスに入力すると、一瞬にしてその材料を使ったレシピを出してくれるよ。 日本でも、レシピ検索サイトで「クックパッド」があるけど、それと同じね。 レシピ検索をして、きょうのメニューを決めたら、レシピボックスに入れて登録したり、そのレシピに使う食材のお買いものリストなんかも作ることができるんだって。

スーパーマーケットに設置されたiBeaconと連動

Epicuriousのアプリは、アメリカ国内の200を超えるスーパーマーケットに設置されているiBeaconと連動しているんだって。 例えば、ミートソースパスタをきょうのメニューに決めたとするでしょ。 お買いものリストには「ひき肉、たまねぎ、トマト缶、パスタ」を登録してるわ。 店内に入って精肉コーナーを通りかかると、自分のスマホにひき肉の買い忘れ防止の通知が来るんだって。 逆に、メニューを悩んで決めかねてスーパーに行くこともあると思うけど、レシピボックスにミートソースパスタが登録されていた場合、 「ミートソースパスタがお気に入りですね?材料はこちらです。」と通知してくれて、メニュー即決!買い物も即終了ってわけなの。 さらには、「もう一品追加しませんか?」って、ソーセージの広告がスマホに来たりすることもあるんだって。

アプリイメージ

アプリイメージ

小売店のO2O対策にも

毎日の家族の食事のメニューって悩むし、あわてていると買い忘れるし、アプリとiBeaconの連動でこれが解決できちゃうのね。 ユーザーにとって便利なのはもちろんだけど、スーパーマーケットにとっても、お買いものリストに入っていないメニューや一品を提案をすることで売上アップにつながるって。iBeaconって、便利でスゴイ!   参考URL: http://appadvice.com/appnn/2014/08/epicurious-users-will-now-experience-apple-ibeacon-technology-in-stores http://www.ibeacon.com/conde-nasts-epicurious-joins-inmarkets-ibeacon-platform/ http://9to5mac.com/2014/04/15/conde-nasts-epicurious-teams-up-with-inmarket-for-in-store-ibeacon-experience/ https://itunes.apple.com/US/app/id312101965?mt=8 http://diamond.jp/articles/-/1544 http://www.jetro.go.jp/jfile/report/07000871/us_food_sns.pdf

個別相談会

法人様向けに、無料個別相談会を設けて
おります。お気軽にご相談ください。

お申込みフォームへ

無料トライアル

導入をご検討のお客様向けに無料
トライアル期間を設けております。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT