大手通販サイトのIDでネットショッピングができる

ネットショッピングがどんどん進化しています。ユーザーがそもそもネットショッピングを利用するのは、簡単に便利にスピーディに買い物をしたいから。会員情報登録にクレジットカード情報登録・・・。煩雑な手続きはサイトからの離脱率を高めてしまいます。

またこうしたサイトをスマートフォンで操作する場合は、いつでもどこでもショッピングが楽しめる一方、パソコンに比べて入力がさらに面倒で、これもまた、離脱率を高める原因です。
そこで、今、各社が次々と導入しているのが、大手通販サイトのID決済システムです。

商品をカートに入れたまま決済をしない「成約離脱率」は平均26%

http://www.isl-net.com/images/shopping_cart.jpg

新しいネット通販サイトを見つけて、欲しいものがあった時、商品をカートに入れたものの、いざ、決済というタイミングで、名前や住所、クレジットカードの番号を入力しながら面倒になって、買うのをやめてしまったことはありませんか?

商品がカートに入れられたものの、決済がされなかった割合を「成約離脱率」と呼んでいます。日本のあるマーケティング会社が2015年に大手サイトの成約離脱率を調べました。テーマパークなどのチケット購入、食品などのデリバリーサービス、物販の3業種の中から、大手のそれぞれ3サイト、合計9サイトです。
9サイトの平均離脱率は26%。買う気があったのに、買わなかった人がこんなにもいるのです。中には、67%もの離脱率だったサイトもありました。

AmazonのIDがそのまま使える“Amazonログイン&ペイメント”

なぜ、決済がされなかったのでしょうか。理由は簡単、「面倒だから」です。
特に、初めて訪れた個別のネット通販サイトでは、あらためてアカウント作成のための会員情報登録等、たくさんの入力作業が待っています。

そんな面倒な作業を省きたい、持っているアカウントがいろいろなサイトの決済に使えたら便利なのに、という発想の元、始まったのが「Amazonログイン&ペイメント」の決済システムです。この決済システムは、Amazonのアカウント情報がそのまま決済に使えるという画期的なものです。

大手通販サイトの決済システムが使える例は、Amazonの他にもある中、Amazonログイン&ペイメントがすごいのは、決済のページに進んだ際、「Amazonアカウントでお支払」という ボタンをクリックするだけでOKな上、Amazonのページに飛ぶことなく、そのまま決済が進むところです。

http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1505/11/l_sk_amazon.jpg

 Amazonログイン&ペイメントは、アメリカでは2013年から始まっているサービスで、日本は、イギリス、ドイツ、インドに続いて5カ国目。2015年5月からサービスが始まりました。
導入企業は日本では約200社ですが、海外では数千社がサービスを使っていて、注文成約率が10~34%も上がった企業もあるほどです。

大手通販サイトのポイントが貯まる

http://ecclab.empowershop.co.jp/wp-content/uploads/2015/06/idkessai002-800x418.png  

楽天のID決済システムも個別の通販サイトで使うことができます。
このメリットは、個別の通販サイトの買い物でも、楽天のID決済を使うと、楽天スーパーポイントが貯まるというものがあります。また、貯まるだけでなく、楽天市場で買い物をして貯めたポイントが個別通販サイトでも使えるという優れもの。
楽天のポイントを集めているユーザーは、楽天のID決済を積極的に利用していると考えられます。Amazonログイン&ペイメントもそうですが、企業が楽天のID決済を導入するのは、もちろんタダというわけにはいきません。
導入する企業は、1件ごとに手数料を支払わなければなりません。しかし、楽天のID保有者は1億人近くもいるのです。手数料がかかっても、導入企業にとっては1億人がバックにいる新たな販促ツールという位置付けです。

セキュリティ対策もバッチリ

新たに通販サイトで、自分の個人情報やクレジットカード情報を登録するのは、不安が付きまとうものです。
「このサイトのセキュリティ対策は大丈夫だろうか」と不安になりながらの買い物は、せっかくの楽しいショッピングが台無しです。しかし、いつも利用しているAmazonや楽天ならいつも通りの決済で安心です。
新しく登録する場合でも、「大手の通販サイトの決済システムだから」セキュリティの面で安心して使えるというのが大きなメリットです。
一方、個別の通販サイト事業者にとっては、Amazonや楽天の決済システムを導入することで、セキュリティコストを削減することができるというメリットもあります。

未来の決済はたった1つのIDで可能に?

今は、複数の大手通販サイトのIDを持っているという人がほとんどですが、もし、これが1人1つのIDにまとまれば、ネットショッピングはもっと便利になります。
そのIDには、例えば、配送先住所・銀行口座・クレジットカード・ポイントカード・クーポンといった決済に必要な個人の情報がすべて、しかも安全に使えるように入っているというものです。
さらにはパスワードの入力も必要なくなるかもしれません。アメリカの決済サービス、ペイパルでは、すでに指紋で決済することが可能です。

指紋認証だけでなく、顔認証、静脈認証など様々な認証を経て、それに紐付いたIDを使って決済する、さらには、それがスマートフォンでできれば、日本でも海外でも、また、ネットでもリアルでも、たった1つのIDで買い物ができるのです。
今よりも確かな安全性と利便性が両立するのが未来の決済の形です。

 

参考

http://eczine.jp/news/detail/2208?utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook

http://ecclab.empowershop.co.jp/archives/4013

http://www.opt.ne.jp/column/journal/detail/id=2876

http://app-review.jp/news/257560

個別相談会

法人様向けに、無料個別相談会を設けて
おります。お気軽にご相談ください。

お申込みフォームへ

無料トライアル

導入をご検討のお客様向けに無料
トライアル期間を設けております。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT