話題の顔認証カメラアプリまとめ

最近ではSNSにおける動画投稿が増加傾向にあり、「Snapchat」や「SNOW」など、撮影してから加工するのでなく撮影中にタイムリーに加工ができる顔認証に特化した新興アプリが勢力を伸ばしています。
今回はその中でも、リリースからたった約4か月でFacebookに買収され、全世界で爆発的なヒットを見せる「MAQRD(マスカレード)」について紹介します。

「MSQRD」とは

http://msqrd.me/

image0628_1

ベラルーシの企業、Masquerade Technologies, Incが公開した動画フィルターアプリです。
iPhone版が2015年12月、Android版が2016年3月にリリースされると、あっという間にその人気は世界中に広がり、わずか3週間でユーザー数は10万人に成長しました。顔認証精度の高い技術に目をつけたFacebook社が今年3月に買収したことで、今後の機能やラインナップにますます注目が集まっています。

「MSQRD」の使い方

用意された数十種類のフィルターから好きなものを選択し、表示される顔型の枠内に顔が収まるようにすると瞬時に顔を認識し、選択したフィルターと合成してくれます。インカメラだけでなくアウトカメラに切り替えることもでき、静止画も動画も両方楽シムことができます。撮影した画像は端末に保存できるほか、各SNSにシェアすることもできます。
さらに面白いのが顔交換ができる機能。ふたつの顔が入るフィルターを選択し、枠の中に交換したい人の顔を納めると二人の顔が交換されます。認証精度が高いので雑誌やポスターを使って有名人の顔と交換したりといった遊び方もできます。

IMG_2411

「MSQRD」が全世界で流行した理由

他にも動画フィルターアプリはありますが、その中でも群を抜いて精度の高い顔認証機能で遠近感だけでなく、頭や口を動かしてもスムーズに合成をするので違和感がなく楽しめるのが魅力です。また映画のキャラクターやハリウッドスターになれるフィルターを海外セレブがInstagramで上げたことでも話題になりました。また、対比されることの多い「SnapChat」と比べると、フィルターの数も多く、男性でも楽しめます。
「MSQRD」の魅力を紹介する動画があるのでぜひチェックしてみてください。

 

まとめ

Facebookの買収により、今後Facebook Messengerとの連携や、投稿内のフィルターとしてMSQRDの機能が使えるようになると言われており、今後の機能追加やラインナップが注目されてます。
「MSQRD」をはじめとして、「Snapchat」「SNOW」などの普及により、根付きはじめている自撮り文化ですが、これらのアプリを企業がいかにプロモーションに活用していけるかが課題です。

 

個別相談会

法人様向けに、無料個別相談会を設けて
おります。お気軽にご相談ください。

お申込みフォームへ

無料トライアル

導入をご検討のお客様向けに無料
トライアル期間を設けております。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT