アメリカでオムニチャネルが加速する?

アメリカではここ数ヶ月の間で大手企業が新興ベンチャーのE-Commerce企業を買収するニュースが出てきました。今回は、こちらのニュースを取り上げながら、今後のオムニチャネルについて見ていきましょう。

ユニリーバが10億ドルでDollar Shave Clubを買収

blog_20160824_01Dollar Shave Club 公式サイト: https://try.dollarshaveclub.com/try-the-club

1つ目のニュースは、ユニリーバがDollar Shave Clubを買収したニュースです。Dollar Shave Clubは設立5年を迎える新興E-Commerceで、髭剃りをサブスクリプションモデルで提供しています。ユニリーバは売上1300億ドルを超える大手グローバル企業のため、10億ドルという金額はそれほど大きなものではありません。しかし、この企業が魅力的に見えたのは、以下の理由からだと考えています。

オンラインチャネルの強化

新興ベンチャーといえども、すでに会員を320万人以上抱えているネット企業です。販売チャネルとして、オフラインのスーパーマーケットなどに強いですが、消費者がインターネットでの購入が増えていくことを考えると、オンラインチャネルを強化していくことは必要になってきます。特にオンライン上では、Amazonという強力なE-Commerce企業がいます。ユニリーバとしても、Amazonだけにチャネルを独占させる懸念から、オンラインチャネルを強化していったと考えられます。

オンライン・マーケティングの強化

Dollar Shave Clubの持つ320万人の会員は、男性用髭剃りを中心としたサブスクリプション会員です。このメンバーに対して、マーケティングを行えることは、同様の製品を扱うユニリーバにとって魅力的だと考えられます。髭剃りのほかに男性用の洗顔、スキンケア、整髪製品も扱っていることから、今後親和性の高いユニリーバの製品が並ぶことも考えられるでしょう。

Dollar Shave Clubの成長性

Dollar Shave Clubは設立5年で売上2億ドルを計画していました。その著しい成長とともに、ユニリーバの国際的な流通チャネルを提供することで、事業としての成長性も魅力的に見えたのだと思います。

ウォルマート、E-Commerce新興企業Jet.comを33億ドルで買収

20160824_02
Jet.comの公式HP : https://jet.com/

次のニュースは、ウォルマートがE-Commerceの新興企業であるJet.comを買収したニュースです。Jet.comは、もともとDiapers.comという会社を設立し、Amazonに売却したMarc Lore氏が新たに設立した会社で、正式リリースが2015年7月、わずか1年足らずのサービスです。それでも、Jetは1カ月あたり40万人の新規顧客を獲得しており、1日あたり平均2万5000件の注文を処理しているとのことです。

ウォルマートにとってこの買収は、明らかに対Amazon対策です。Walmart.comの成長の遅れを取り戻そうとJet.comを買収し、既存のウォルマートのアセットを活用することで成長をドライブさせていくことを試みています。

まとめ

2つのニュースはともに、新興ベンチャーのE-Commerceサービスが、大手消費財メーカーや大手小売企業に買収されるニュースです。しかも、それぞれにAmazonに対する施策とも考えられます。E-Commerceはサービスの特性から在庫管理や流通、決済など、通常のネットサービスよりも投資が大きいビジネスになります。それを大手企業がどうサポートしながら、Amazonに対してどのようなアプローチをとっていくのか今から楽しみです。

個別相談会

法人様向けに、無料個別相談会を設けて
おります。お気軽にご相談ください。

お申込みフォームへ

無料トライアル

導入をご検討のお客様向けに無料
トライアル期間を設けております。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT