アプリ化が進む業務系サービスのトレンド

最近様々な分野でアプリを活用した業務改善が行われておりますが、本日は業務支援系のアプリをご紹介したいと思います。エンドユーザー向けではなく、社内のオペレーションの改善から、新しいサービスの提供など様々な形態があります。

 

1. 既存業務の置き換え


今まで紙やデスクトップPCでみていた資料をアプリ経由で持ち運びできるようにすることで、情報へのアクセスを容易にさせ、手間を改善するといったことがでてきております。

 


【常陽銀行がタブレットをリリース】

%e5%b8%b8%e9%99%bd%e9%8a%80%e8%a1%8c


http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08470020X11C16A0L60000/

常陽銀行が今月17日、投資信託など預かり資産の営業用にタブレット端末でも使えるよう専用アプリを開発したとのことです。これによって行内のネットワークから顧客の資産状況を確認し、過去の営業履歴とともに営業力を高める効果を見込んでいるようです。銀行が専用アプリを使っての取り組みを実施し始めた最初のケースということで今後の展開も注目です。


また、他業種の同様の動きとして、既存の紙マニュアルや台帳をアプリ経由でアクセスしやすくすることで、従業員の持ち運びのしやすさ、情報へのアクセスのしやすさを実現しているものが増えてきていると思います。

 

2. アプリを活用した新しいサービス


既存の業務を電子化するだけではなく、アプリならではの特性を活かした新サービスとして提供するパターンもあります。

 


【ドライバーの事故処理を楽にしてくれるアプリSnapsheetが2000万ドルを調達】

snapsheet

http://jp.techcrunch.com/2016/10/18/20161017snapsheet-raises-20-million-for-app-to-help-drivers-file-claims-after-a-crash/

Snapsheetでは、自動車保険会社が保険請求を素早く処理するようなサービスを提供しています。これによって、通常事故が発生した際に検査担当を派遣することなく、保険会社が事務処理ができるようになります。アプリ上での処理に加えて、クラウドベースの写真共有、また機械学習による顧客サポートを実現することで、顧客に対して保険金の支払いや修理した車両の返還などを早めることを実現しています。


Snapsheetは自動車保険分野でのサービスですが、他の保険でも十分応用できるサービスだと思います。

 


【医療関係者間コミュニケーションアプリ Join】

join


http://www.allm.net/join/


joinは医療系ソフトウェアとしては日本で初めて、公的保険の適用を受けたアプリになります。同社のソフトウェアは「診療行為」となり、病院側には公的医療保険から「診療報酬」が支払われます。


救急の現場でLINEのような操作感によって病院側との連携をとり、患者の画像データなどをいち早く病院側に転送することができます。アプリならではのコミュニケーションや画像・動画の転送だけではなく、位置情報を活用した病院への搬送などまさにテクノロジーによって医療分野のオペレーションを改善しています。

 


今まで既存マニュアルの置き換えや、PCでできたことをアプリ化するだけだったサービスがアプリならではのコミュニケーションや位置情報の活用によってあたらしい業務サービスが提供しはじめています。さらに機械学習やAIの取り組みによってまた新しい形のサービスがでてきそうです。

 

個別相談会

法人様向けに、無料個別相談会を設けて
おります。お気軽にご相談ください。

お申込みフォームへ

無料トライアル

導入をご検討のお客様向けに無料
トライアル期間を設けております。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT