今さら聞けない!? 最近よく聞くIoTって何?

早いもので、2017年も1ヶ月が過ぎようとしています。
IoTという言葉はよく聞くのですが、いまいち理解できていないことも多いのでは?と思い、調べてみることにしました。

1.IoTとは?

「IoT」とは、「Internet of Things」の頭文字をとった単語です。「モノのインターネット」と別名で呼ばれることもあります。
「モノのインターネット」と言われるとよくわかりませんが、パソコンやスマートフォンなどの通信機器や、本来、通信を目的としていない機器や物など、すべての「モノ」が「インターネット」につながることで、生活やビジネスが根底から変貌するというのものです。

 

2. 身近なIoTの事例①  象印 みまもりほっとライン

身近なIoTでよく紹介されるサービスといえば、象印の「みまもりほっとライン」ではないでしょうか。

無線通信機を内蔵した電気ポットを毎日使うことで、離れて暮らす家族の生活を見守ることができる「安否確認サービス」です。2001年3月にサービスを開始し、累計契約者数は1万件を突破したとのことです。※1

このサービスですが、1996年に起きた、病気の息子さんと看病していた高齢のお母さんが亡くなってから1ヵ月後に発見されるという悲しい事件が開発のきっかけとなったそうです。※2

※1象印ホームページより
※2誕生秘話はこちら(http://www.mimamori.net/story/

 

3.身近なIoTの事例②   IoTの機能を持った自動販売機

コカ・コーラのスマートフォンアプリ「Coke ON」に対応した自動販売機「スマホ自販機(R)」は2016年11月30日時点で全国の設置台数が10万台を超えたそうです。

一般社団法人日本自動販売機工業会によると2015年12月時点の清涼飲料自動販売機の設定台数は2,188,000台とのことなので、コカ・コーラの自販機だけではありますが、IoT機能を持った自販機シェアは約4.5%となります。この割合は今後も増えていくのでしょうか?

 

4.身近なIoTの事例③  Beaconを活用した来店ポイント付与アプリ JA全農アプリ

Beaconを活用して来店検知を行うスマホアプリ「JA全農アプリ」。
JA全農ミートフーズ直営の焼肉店「焼肉本舗ぴゅあ」へアプリユーザーが来店するとスマートフォンへポイント付与のPUSH通知が自動で配信されます。

来店でたまったポイントはお得なクーポンに交換可能です。また、これらの情報(ローデータ)を分析することでユーザーの来店頻度などを計測し、今後の販促活動に役立てることが可能となってます。

20170131_blog

 

身近なIoTについてお話させていただきましたが、農業、防災、観光等、いろいろな分野でIoTが活用されています。今後のIoTの広がりには目が離せないですね。

 

「O2Oまとめ」を運営するアイリッジは、GU、東急電鉄、トリンプなど、様々な企業様の公式アプリを企画・開発させていただいております。
アプリを通じた企業とユーザーとのコミュニケーションツールとして業種を問わず、幅広いシーンでご活用いただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

TEl:03-6441-2325

営業時間: 平日10:00-19:00


                      

本記事に興味をお持ち頂き、ご質問等含めてディスカッションされたい法人様向けに、無料個別相談会を設けておりますのでお気軽にお申し込みください。

pageTop