流通小売業界の決済トレンド

最近スーパーマーケットなどに行くと、セルフレジを見かけるようになりました。並ばなくてもすむし、お店側もレジのオペレーションの効率がよくなるなどで導入が広がっているようです。
本日は、その先の決済の姿とアプリマーケティングとの関係を見ていきたいと思います。

まず、こうしたレジの決済オペレーションで今年注目を浴びているのは、Amazon Goです。



https://www.youtube.com/watch?v=NrmMk1Myrxc


店舗に入るときにバーコードによって個人を識別し、またどの商品をかばんに入れたかを把握、ゲートを出るときに決済するというものです。本格展開がはじまる春以降にさらに注目をあびそうです。

日本でも、ローソンとパナソニックが無人レジ「レジロボ」の実証実験を始めています。商品が入った買い物カゴをレジに置くとすぐ合計金額が計算され、となりの機械で決済をすますというものです。クレジットカードでも支払いが可能なため、キャッシュレスで買い物を体験できそうです。今月に入ると、縦約2センチメートル・横7センチメートルの薄い電子タグを商品に取り付け、それを検知することで商品を認識し、支払い金額計算します。

参考:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ12I6N_S6A211C1TI5000/

こうしたIoT技術をつかった無人レジが立て続けにニュースになることで、今後大きな広がりを見せそうですが、その肝となるのはスマートフォンアプリになると思います。

スーパーでの支払いをシームレスに実現するためには、「商品を購入する人は誰か?」、「どの商品を購入したのか?」、「何で決済をさせるのか?」を認識する必要があります。このうち、「商品を購入する人は誰か?」と「何で決済させるのか?」をスムーズに体験させられるのが、スマホだからです。


最近よくアプリに会員証の機能がついてものが増えてきました。アプリの中でログインをすることでバーコードを表示し、今までプラスティックカードで読み取っていた会員証をアプリが代わりにやってくれるようなものが増えてきています。「商品を購入する人が誰なのか」を認識させる上で、先のAmazon Goもバーコードを読み込ませることで個人を特定させています。

さらに、個人認証したIDにクレジットカードを紐付けておくことで決済処理もかんたんです。Amazon Goの場合は、ゲートを通過することがトリガーになっていそうですが、バーコードを読み込ませて支払いをすますAlipayの仕組みも同様にスマホでかんたんに決済をすます最たる例と入れると思います。

スマートフォンに登録したIDと決済を実行することで、その後すぐにプッシュ通知をおくることで不正を防ぐことができたり、会員のロイヤリティに応じたクーポンを自動的に決済金額から差し引きをしたり、より個人を特定したマーケティングがやりやすくなってくると思います。

そのため、「商品を購入する人は誰か?」と「何で決済させるのか?」はスマホアプリを活用した、オンラインでの処理が中心となり、オンライン・マーケティングで見られるようなデータを活用したマーケティングが主流となる一方で、「どの商品を購入したのか?」をスーパー店内のオフラインで処理するのが今後の流れと言えると思います。

 

「どの商品を購入したのか?」はAmazon Goがすでに2,3歩先に進んでいる気がしますが、パナソニックの実証実験も注目です。個々の商品を識別するだけではなく、買おうとしたが、やめたものだったり、どの陳列棚にどのくらいの時間滞在したのか、といった購買直前のデータも含めて収集することで、さらにone-to-oneに近づく精度の高いマーケティングができるようになりそうです。

去年の年末から今年にかけてのスーパーでの試みは、今後の買い物のやり方をがらりと変えていく一歩になりそうですね。

個別相談会

法人様向けに、無料個別相談会を設けて
おります。お気軽にご相談ください。

お申込みフォームへ

無料トライアル

導入をご検討のお客様向けに無料
トライアル期間を設けております。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT