いま大注目の音声認識アシストサービス

音声認識アシストサービスと聞いて思い浮かぶのはAppleの「Siri」やGoogleが提供する「Google Assistant」などがあげられますが、アメリカを中心に話題になったAmazon音声認識アシスト「Alexa」を搭載した「Amazon Echo」はご存知でしょうか?

海外では既に爆発的な売上げを記録しており、クリスマス商戦では売り切れ続出し、スマホの変わりになるデバイスと期待されていますが、スマホとの大きな違いはディスプレイが無いので「ボイスファースト」だというところです。

まだまだ日本人的な感覚だと人前で音声検索などのサービスを利用するのは気恥ずかしいという気持ちが強くありますが、これから音声認識の便利さなどが認識されれば一気にメインストリームに躍り出てくるはず。

そこで、今回は音声認識アシストデバイスサービスの紹介をしたいと思います。

 

1. Amazon「Alexa」

 

 

「Alexa」は、Amazon Echoなどに搭載されたAmazonが提供する音声認識アシスタントです。スマホの機能に限らず、「生活空間に設置」することができ、音声コマンドでAmazonでの買い物はもちろん、音楽の再生、ニュースや天気予報の提供など、話しかけるだけで反応してくれます。

また、IoT化にも貢献しており、家電製品のオン/オフなど「Alexa」があればネットに繋がっている家電製品であれば、操作を音声のやりとりでできるようになることです。最近では車にも対応しているとのことで、Alexaサービス圏がドンドン大きくなってきていますね。
最終的には、会話すればするほど、声の特徴を覚えてくれて対応はより正確で迅速になります。

是非、日本に上陸した際は試してみてはいかがでしょうか?

 

2. Google Home

Googleが開発する対話型AI「Google Assistant」を搭載しているのが「Google Home」です。
基本的にはAmazon「Alexa」の競合サービスになっており、こちらも「生活空間に設置」できるデバイスで、差別化としてはGoogleの強みの検索サービスで培った膨大なデータベースから、最適な回答を教えてくれるのが特徴です。

 

3.LINE「Clova」

 

 

 

「Clova」はLINEと親会社NAVERと共同開発した人工知能を搭載しており、LINEでは「Clova」を用いて「ポストスマートフォン、ポストディスプレイ、ポストタッチ時代として、声による対話で新しいコミュニケーションの可能性を切り開き、「Asia’s Leading Cloud AI Platform」を目指していく」とのことです。

こちらもAmazon、Google同様に「生活空間に設置」できるデバイスで、強みとしては日本のマーケットでのLINEのポジショニングを上手く利用してサービス展開できる部分になります。

 

いかがでしたでしょうか?
今後スマホの次のデバイスとしてますます注目され、PCからスマホへシフトしたようにスマホから新たなデバイスにシフトする転換期なのかもしれませんね。
是非、今後も各社の展開をチェックしてみてくださいね。

 

「O2Oまとめ」を運営するアイリッジは、GU、東急電鉄、トリンプなど、様々な企業様の公式アプリを企画・開発させていただいております。
アプリを通じた企業とユーザーとのコミュニケーションツールとして業種を問わず、幅広いシーンでご活用いただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

TEl:03-6441-2325

営業時間: 平日10:00-19:00

pageTop