Android Oの新機能をご紹介

アプリを使ってマーケティングをしていくにあたって、その端末のOSが大きく影響を与える場合があります。

例えば、iOS7からiBeaconをサポートするようになり、近接距離でのマーケティング事例が増えていきました。そのため、最新のOSがどんな方向に向かっているのかを知ることは今後アプリでどんなことができるかを知るヒントにもなりうると思います。
そこで今回はAndroidの次のバージョン、Android Oの新機能についてご紹介します。

Googleが2017年3月21日にAndroidの次期バージョン「Android O」の開発者プレビューを公開しました。
2017年第3四半期に正式版が公開されます。その中で特徴をいくつかピックアップしたいと思います。

 

バッテリー(Background limits)


アプリがバックグラウンドにいる際の機能をユーザーが制限することができるようになり、ユーザーのバッテリー消費を改善しようとしています。
例えば、ユーザーの現在位置をリアルタイムで一定時間以上取り続けるようなことをアプリが実施すると、著しくバッテリーが消費されます。
ユーザーの目的に合わない位置情報の取得などを避けることでユーザー体験を向上させようという目的が垣間見れます。

いくつかの新しい特徴の中で、ブログでは一番目に紹介していることもあって、アプリ開発にとって大きな変更になりそうですね。

 

通知(Notification channels)


これまでの通知はアプリ単位で表示されていましたが、アプリが作成したカテゴリーごとに通知方法を分けられるようになります。
各アプリの通知をカテゴリーで分類し、カテゴリーごとに表示・非表示などを管理できます。

 

その他


他にはこんな機能がリリースされるそうです。


自動入力フレームワーク(Autofill API)
IDやパスワードをキーボードでいちいち入力することなく自動入力するAPIが提供されます。これによって従来のキーボードの他に、自動入力アプリを選択可能になります。面倒なメールアドレスやパスワードなどをが自動で入力できるとアプリの利便性があがりそうですね。

マルチディスプレイ(PIP)
他のアプリの上に小さなウィンドウを表示して動画を再生できるPIP(Picture in Picture)が使えるようになります。

アイコン(Adaptive Icons)
端末のデザインとアプリのデザインに統一感をもたせるために、端末ごとにアプリのランチャーアイコンの形状・デザインを変えられるようになります。ある端末では丸形、別では正方形のアイコンみたいに変更可能です。

他にもご興味があればぜひこちらでご確認ください。

 

あくまで、現在は開発者プレビュー版ですので正式版になっていくに従ってこれらの機能が変わっていく可能性はあります。でも、GoogleがOSにどんな機能をつけて、どうしていきたいのかが見えてきますね。

ちなみにAndroidのOSは頭文字のお菓子の名前をつけるのが恒例。
Oから始まるお菓子といえば、Oreoとか?今回は何になるのか楽しみですね。


参考:
https://developer.android.com/preview/index.html
https://android-developers.googleblog.com/2017/03/first-preview-of-android-o.html
https://developer.android.com/preview/features/background-location-limits.html

個別相談会

法人様向けに、無料個別相談会を設けて
おります。お気軽にご相談ください。

お申込みフォームへ

無料トライアル

導入をご検討のお客様向けに無料
トライアル期間を設けております。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT