O2O REPORT

O2Oまとめ

空港内でのビーコン活用が大規模化!?

Bluetoothによる近接検知のプラットフォームは2013年9月のiBeaconの登場以降、各企業で事例が登場してましたが、2015年7月にGoogleによるEddystoneプラットフォームの提供によって両OSに使いやすい環境になってきています。
その影響か昨年から空港に大規模なiBeaconの導入が進んでいるように思われます。

ここ1年で調べてみると、

・イギリスガトウィック空港に2,000個
・オランダアムステルダムのスキポール空港に2,000個
・カタールドバイのハマド国際空港に700個
・アメリカマイアミ空港に500個

と数百個以上のビーコンを空港内に配置してユーザーの体験を高めるような動きが見受けられます。

主に、空港内でのiBeaconは大きく以下3つの利用で使われています。

 

1.インドアナビゲーション

ビーコンの良い点はGPSでは測定しきれない場所でもナビゲーション機能を使えるようになる点です。特に空港の場合、チェックインしたり、買い物できたり、食事したり、ゲートに移動したりと各地を移動することになるため、屋内でのナビゲーションが必要になります。
海沿いでGPSがずれやすい環境であるため、そうした環境の中で屋内のビーコンによって細かく配慮してもらえると助かりますよね。


2.特別クーポンの配信

空港に到着したあとで、レストランに行ったり、お土産買ったりしたりとお金を使うことが多いですよね。そんな中、タイミングよくクーポンが配信されるとついついそのお店に行ってしまうことがありそうです。


3.データ分析

ビーコン検知によってどういった行動導線をしているユーザーがいるのか、時間帯によってどこが混雑するのかを分析することで、導線の改善や混雑の解消に活かせます。

こうしたビーコンの動きにプラスして今後屋内測位技術で楽しみになのが、Googleのサービスです。Googleは「Google I/O 2017」のカンファレンスにて、Tango(タンゴ)デバイスを使った測位技術「VPS(Visual Positioning Service:視覚測位サービス)」を発表しました。

この技術は屋内の位置情報を提供するサービスとなり、屋内のGPSといった技術になります。ただ衛星を使うわけではなく、Tangoデバイスで計測した情報を解析して位置を測位するようです。

この技術を応用すれば、複雑な空港のナビゲーションにも活用される可能性はあり、ビーコンと連動させることでさらにユーザー体験を高められそうです。
すでにiBeaconの導入が大規模の進んでいるとともに、GoogleのVPS技術が提供されると、また一歩ユーザー体験を変えられそうなソリューションが考えられそうで楽しみですね。

 

「O2Oまとめ」を運営するアイリッジは、GU、東急電鉄、トリンプなど、様々な企業様の公式アプリを企画・開発させていただいております。
アプリを通じた企業とユーザーとのコミュニケーションツールとして業種を問わず、幅広いシーンでご活用いただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

TEl:03-6441-2325

営業時間: 平日10:00-19:00


                      

本記事に興味をお持ち頂き、ご質問等含めてディスカッションされたい法人様向けに、無料個別相談会を設けておりますのでお気軽にお申し込みください。

pageTop