O2O REPORT

O2Oまとめ

保険業界でのTechnology活用(InsTech)事例

金融業界でのTechnology活用「FinTech」が盛り上がっていますが、保険業界でのTechnology活用「InsTech」も動きが活発化しそうです。

これまでも保険会社や保険代理店などが、様々な形でスマートフォンアプリを展開しています。


保険の契約・請求管理や、各種保険商品の検索、自動車保険の事故報告などがメイン機能ですが、その他の分野でもTechnologyを活用した動きもでてきています。

 

ウェアラブル機器を活用した健康増進支援

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険

ヘルスケア関連のウェアラブル機器を多種展開するアメリカのFitbit社と共同で、保険契約者に配り、健康保険組合と連携し、健康情報とウェアラブル機器からの活動データを解析することで、疾病と活動データの因果関係の分析を進めるようです。
まずは、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険の約3,000人の社員を対象に取り組み、分析結果を元に健康増進の支援へ取り組んでいるようです。

 

保険料の算出でのビッグデータ活用事例

「健康年齢少額短期保険」 https://kenko-nenrei.co.jp/

これまでの実年齢による保険料の算出から、㈱日本医療データセンターと提携し、医療ビッグデータの解析を元に算定された健康年齢※1 という指標を元に保険料が決まります。年齢・性別に加えて、いつもの健康診断で計測する12項目の指標を元に、保険料が算出される仕組みです。

「ネオファースト生命保険:カラダ革命」

第一生命グループのネオファースト生命保険が2016年12月より発売を開始した、「カラダ革命」は、同じく、㈱日本医療データセンターのデータを活用した健康年齢※1を元に保険料を算出する保険で、3年毎に健康年齢を判定する仕組みで、健康(健康年齢)を維持することで、より保険料が安くなる仕組みとなっています。

※1「健康年齢」は㈱日本医療データセンターの登録商標です。

 

海外ではもっと進んでいる

2015年に創業したInsTechスタートアップ保険会社の「Lemonade」はスマートフォンベースのUI/UXが特徴で、まずは家財保険をローンチしました。
既存の保険サービスをアプリ化したのではなく、ゼロベースからスマートフォンベースで仕組みを構築しているため、非常にシンプルなのが特徴です。
実際に契約までの流れは、チャットBotの質問にYes/Noで答えていくだけで、見積り加入手続きが数分で完結します。
また、AIを活用した不正、詐欺の自動検知も行うなど、ほとんどのプロセスがアルゴリズムで自働化されています。
ローンチから8ヶ月で14,000契約を獲得し、特に加入者の8割が25-45歳の若いデジタル世代とのことです。

Trovも2012年創業のスタートアップ企業で、保険会社ではなく保険代理店として、スマートフォンベースで家電やカメラなどの動産に対するマイクロ保険を販売しています。
分単位で保険がかけられるなどの特徴があり、保険会社がリーチできなかった若年層や保険をかけられなかった物品などを取り込むことで、保険会社にとっても新たなチャネルとして歓迎されているようです。


保険商品は保険業法などの規制があり、日本では海外ほどダイナミックな動きは作りにくい環境ではありますが、ユーザーのスマートフォン利用の一般化や、AIやチャットBot、医療ビッグデータなどのTechnologyの進化などから、保険会社各社も積極的にIT企業などとの提携などを発表していますので、InsTechの動きの活発化も近いのではないでしょうか。

「O2Oまとめ」を運営するアイリッジは、GU、東急電鉄、トリンプなど、様々な企業様の公式アプリを企画・開発させていただいております。
アプリを通じた企業とユーザーとのコミュニケーションツールとして業種を問わず、幅広いシーンでご活用いただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

TEl:03-6441-2325

営業時間: 平日10:00-19:00


                      

本記事に興味をお持ち頂き、ご質問等含めてディスカッションされたい法人様向けに、無料個別相談会を設けておりますのでお気軽にお申し込みください。

pageTop