O2O REPORT

O2Oまとめ

上海のQR事情

先日上海に行ってきましたので、本日は現在の上海のデジタルマーケティング事情についてご紹介いたします。

上海について目につくのが、日本と比べてQRコードが多いことです。いたるところでQRコードを見かけます。動物園にもQRコードがあって、園内マップをアプリで確認することができます。試してみると、紙を持たずにアプリで確認できるので意外に便利です。


また、スーパー内でのオムニチャネルにも活用されます。写真はカルフールのおかしコーナーで見かけたQRコードです。読み込むとWeChatのフォローを求められ、フォローをすることでクーポン券を使用することができます。

メーカーがSNSを活用するためにQRコードをフックにオンラインに誘導しています。

別の場所では、ワインのフェアに関するQRコードも発見しました。

また、弊社のブログでもご紹介している通り、AlipayやWeChat Paymentを始めとするQRコード決済も見かけます。マッサージチェアもQRコードで決済できます。

下の写真は、観光地にある屋台ですが、以前は現金でしかやり取りしていなかった場所がQRコード決済に対応していました。

QRコードの支払いはほとんどの場所で見かけます。
支払いの殆どはスマホを持っていれば、財布を出す必要がありません。

最後はシェアサイクル。東京でも徐々に浸透してきているシェアサイクルですが、中国では至るところで見かけます。

使い方は、アプリをダウンロードしてアカウント登録。日本人で中国に口座がない場合でも、Mobikeのサービスでは、クレジットカード経由のディポジットで利用できました。

自転車にあるQRコードを読み取ると解錠できます。解錠する際に、その自転車のGPS情報を照合させているようで、GPSがうまく取れないエリアだとうまく解錠できませんでした。
自転車はどこに返してもOK。ポートなどがあるわけではなく、至る所に放置されています。アプリで確認するといたるところで自転車を見つけられます。

近くの場所へは自転車の移動が便利です。2-3駅くらいの移動であれば自転車で移動している様子が伺えました。

このように現在の上海ではQRコードを活用したデジタルマーケティングが浸透してきています。東京よりもアプリを活用したサービスの提供が浸透している印象です。

 

「O2Oまとめ」を運営するアイリッジは、GU、東急電鉄、トリンプなど、様々な企業様の公式アプリを企画・開発させていただいております。
アプリを通じた企業とユーザーとのコミュニケーションツールとして業種を問わず、幅広いシーンでご活用いただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

TEl:03-6441-2325

営業時間: 平日10:00-19:00


                      

本記事に興味をお持ち頂き、ご質問等含めてディスカッションされたい法人様向けに、無料個別相談会を設けておりますのでお気軽にお申し込みください。

pageTop