上海のQR事情

先日上海に行ってきましたので、本日は現在の上海のデジタルマーケティング事情についてご紹介いたします。

上海について目につくのが、日本と比べてQRコードが多いことです。いたるところでQRコードを見かけます。動物園にもQRコードがあって、園内マップをアプリで確認することができます。試してみると、紙を持たずにアプリで確認できるので意外に便利です。


また、スーパー内でのオムニチャネルにも活用されます。写真はカルフールのおかしコーナーで見かけたQRコードです。読み込むとWeChatのフォローを求められ、フォローをすることでクーポン券を使用することができます。

メーカーがSNSを活用するためにQRコードをフックにオンラインに誘導しています。


別の場所では、ワインのフェアに関するQRコードも発見しました。

また、弊社のブログでもご紹介している通り、AlipayやWeChat Paymentを始めとするQRコード決済も見かけます。マッサージチェアもQRコードで決済できます。

下の写真は、観光地にある屋台ですが、以前は現金でしかやり取りしていなかった場所がQRコード決済に対応していました。

QRコードの支払いはほとんどの場所で見かけます。
支払いの殆どはスマホを持っていれば、財布を出す必要がありません。

最後はシェアサイクル。東京でも徐々に浸透してきているシェアサイクルですが、中国では至るところで見かけます。

使い方は、アプリをダウンロードしてアカウント登録。日本人で中国に口座がない場合でも、Mobikeのサービスでは、クレジットカード経由のディポジットで利用できました。

自転車にあるQRコードを読み取ると解錠できます。解錠する際に、その自転車のGPS情報を照合させているようで、GPSがうまく取れないエリアだとうまく解錠できませんでした。
自転車はどこに返してもOK。ポートなどがあるわけではなく、至る所に放置されています。アプリで確認するといたるところで自転車を見つけられます。

近くの場所へは自転車の移動が便利です。2-3駅くらいの移動であれば自転車で移動している様子が伺えました。

このように現在の上海ではQRコードを活用したデジタルマーケティングが浸透してきています。東京よりもアプリを活用したサービスの提供が浸透している印象です。

 

個別相談会

法人様向けに、無料個別相談会を設けて
おります。お気軽にご相談ください。

お申込みフォームへ

無料トライアル

導入をご検討のお客様向けに無料
トライアル期間を設けております。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT