O2O REPORT

O2Oまとめ

O2Oまとめ

空港内でのビーコン活用が大規模化!?

Bluetoothによる近接検知のプラットフォームは2013年9月のiBeaconの登場以降、各企業で事例が登場してきましたが、2015年7月にGoogleによるEddystoneプラットフォームの提供によって両OSに使いやすい環境になってきています。その影響か昨年から空港に大規模なiBeaconの導入が進んでいるように思われます。

屋内位置測位はbeacon?Wi-Fi?いえいえ、光という選択肢もあります!

皆さんは「可視光通信技術」という言葉をご存知ですか?
一見、最新の通信技術のように思われますが、簡単に言うと「人の目に見える光を介した情報伝達」です。
光による通信は古く、紀元前800年頃から古代ギリシャで使われ始めた狼煙(のろし)や灯台、信号機など身近で目にするものも多くあります。

デジタルアシスタントデバイスで私たちの生活はどう変わる? Amazon Echo Show 発表!

アメリカを中心に話題のAmazon Echoシリーズに新たにラインナップされた「Amazon Echo Show」。先日のブログでも紹介しましたが、すでに累計3,000万台出荷を突破している言われる同シリーズに「見せる」デジタルアシスタントデバイスがついに加わりました。

amazon echo show

「キャッシュレス先進国」中国ではQRコードモバイル決済が急成長中

今年(2017年)1月よりローソンでAlipay(支付宝)決済が始まり、日本でも目に触れる機会が増えてきていますが、中国ではQRコード・バーコードを用いたモバイル決済が急成長しています。

物流の革命児Amazon – Amazon Robotics

私達にとって身近な買い物の手段となったAmazon。一般的にはBtoCのイメージが強いAmazonですが(AWSは別として)、実はこのAmazonが物流に大きな革命を起こそうとしています。

【海外事例】いま知っておきたい!?3つのサービス

新しい生活を迎える人が多い4月、皆さんどのように過ごされていますか? お花見はしましたか? 私は夜桜が綺麗だっ […]

もうすぐ実用化?人手不足を解消する無人装置の紹介

アメリカでは、アマゾン・ドット・コムがセンサーやカメラ、人工知能(AI)を活用したレジで決済不要、買い物のスピード化が図れる新型店「Amazon Go(アマゾン・ゴー)」の展開を発表しました。日本でも労働力人口の減少による人手不足を解消する様々な取り組みが行われています。

3 / 2812345...1020...最後 »
pageTop