デジタルアシスタントデバイスで私たちの生活はどう変わる? Amazon Echo Show 発表!

アメリカを中心に話題のAmazon Echoシリーズに新たにラインナップされた「Amazon Echo Show」。先日のブログでも紹介しましたが、すでに累計3,000万台出荷を突破しているとされる同シリーズに、「見せる」デジタルアシスタントデバイスがついに加わりました。

コンシューマーユースに仕立てられたこの動画を見ると、現在のところスマートホーム実現の一助にすぎないようにも見えます。しかし、Time誌が報じている個人の声紋を判別する技術(※Amazonでは「Voice ID」と呼ばれるらしい)をAlexaが習得し、ビジネスユースでの利用が加速すると、映画マイノリティレポートやマトリックスの世界観の実現は遠い未来ではないのかもしれません。

そこで今回「Amazon Echo Show」をこんなビジネスユースに当てはめたらどうだろう?!なアイディアを3つ考えてみました!(以下)

 

1. Amazon Echo Show × 券売機

駅の券売機での活用はどうでしょうか。まだ漢字が読めない小学生や、路線図を見上げたり文字の小さいタッチパネル操作をしたりなどを負担と感じるご年配の方、はたまた2020年東京オリンピックイヤーで一気に増加が見込まれる外国人観光客の利用などを想定した際に、券売機にはまだまだアクセシビリティ改善の余地がありそうです。

そこで「Amazon Echo Show」の登場!『券売機前で行先を告げると、お客様にルートと金額を音声&画面で提示。あとはお金を入れて発券するだけ。もちろん外国語対応。』みたいなことが実現できればお客様に喜ばれるかもしれませんね。

 

2. Amazon Echo Show × カフェ

電源貸出や無料WiFiなど、最近ではカフェでパソコンやスマホ利用するのもストレスなく行えるようになってきましたね。一方、IT利用にあたっての居心地の良さが担保された結果、ビジネスマンや学生の仕事や勉強での利用増とともに回転率が悪化するという問題が発生しています。お店によっては経営悪化につながるケースもあるようです。なかには回転率向上のために敢えて居心地よくさせないよう、くつろげない椅子、くつろげないテーブル間隔、などお客様ファーストではない対策をとるお店もあるとか。今後カフェで気兼ねなしにのんびりぼーっと物思いにふける、久々に逢った友人とのゆったりした空間で世間話を・・・なんてことが許されない風潮になっていってしまうのは寂しいですよね。

そこで「Amazon Echo Show」の登場!『居心地のよいくつろげるカフェテーブルに1台のAmazon Echo Show。1人で手持無沙汰なお客様にはミュージックビデオやファッション情報紹介が、友人同士のお客様には会話に出てきたインテリア家具の紹介が、作業中のビジネスマンや学生には休日に向けたプチ旅行紹介を、などくつろぎ空間に溶け込んだ丁度よいレコメンドがされる。商品やサービスの広告エンゲージ率が余暇時間(≒くつろぎ時間)に最大化されるとした場合、お店はレコメンド主である企業からの広告露出フィーが得られ、レコメンド主は一方的でないごく自然な流れで広告露出が行える。』みたいなことが実現できれば、お店側・お客様側・第三者の三方よしが描けるかもしれませんね。

3. Amazon Echo Show × パン屋

人気のパン屋さんやお昼時のパン屋さんって、レジがものすごく混みますよね。なぜって、パン同士がくっついて味を損なわないようにひとつずつ袋に包んでくれるあの作業があるからです。私のよく行くお店では、休日のお昼時間なんかはレジ打ち1名包装1名の2名体制×4で対応していたりするほど、会計と包装作業には時間がかかります。いっそのことスーパーのレジのようにバーコード読み取りで解消できないものだろうかと思いましたが、陳列時から包装されてしまっていては焼き立ての良さが台無しです。パンにバーコード表示された短冊を個別につけていく作業労力も現実的ではなさそうです。

そこで「Amazon Echo Show」の登場!『パン名を読み上げていきながら、パン包装。読み上げられたパンは集計され、お客様に金額を音声&画面で提示。お財布からお金を出しているころには包装も完了し、あとは会計を済ますだけ。』みたいなことが実現できればお店側・お客様側双方喜ばれるかもしれませんね。

 

 

いかがでしたでしょうか?今後ヒューマンインターフェイスデバイスがボイスファーストになっていくのだとしたら、ビジネスシーンでも大きな変化が起こるのかもしれません。Amazonだけでなく、GoogleやLINEの動向も要チェックですね!

FANSHIP始めませんか?

大手300アプリが導入。アプリデータから
顧客との継続的な関係づくりを実現します。
使われないアプリから"愛される"アプリへ。

アプリ無料相談

アプリの企画、開発、UI/UX改善やグロース
ハックに関するお悩みなど、お気軽にご相談
ください。オンラインでもご対応可能です。

お問合わせへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT