Amazon Goを追随?!続々と登場する無人店舗

記憶に新しいAmazon Goの登場で注目されるようになった無人店舗。思えば店員を介さないオフラインでの決済は、セルフレジの登場からだったかもしれません。最初はなかなかセルフレジに並ぶ客はいなかったものの、いまでは若者から老齢の方までセルフレジで決済をすませるまでに至っています。

そんな中登場したのがAmazon Goですが、アジア圏でもAmazonを追随するかのごとく無人店が出現し始めています。

 

中国に登場したBingo Box(中国)

中国にある24時間営業の無人店舗、Bingo Boxは中国らしい方法での入店と決済が特徴。
入店するには店舗の入り口横にある2次元バーコードを微信(ウィーチャット)で読み込むことで本人確認を行い、入店。

店内の商品には独自のタグが付けられており、商品をレジの読取機に乗せると決済金額情報などが入った2次元バーコードが表示されるので、それを微信支付(ウィーチャットペイメント)や支付宝(アリペイ)でバーコードを読み取って決済を行います。


参考:https://kknews.cc/tech/lpegkv9.html

 

静脈認証で決済できるセブン-イレブン(韓国)

ソウルのロッテワールドタワー31階にあるセブン-イレブン。このセブン-イレブン、他のセブン-イレブンとは異なり、無人店舗で、買い物客が自分で決済を行うタイプの店舗です。

決済方法はモバイル端末ではなく、なんと静脈認証!商品を所定の場所に置くと360度スキャナで商品を特定します。そして決済はあらかじめ登録しているクレジットカードの本人認証(カードはロッテカードのクレジットカード)を手のひらの静脈で行うとのこと。

ついに静脈認証で買い物が出来るようになるなんて、驚きですね!携帯を取り出す手間もないため、非常に便利です・・・!もちろんセブン-イレブンだから24時間営業!

 
参考:http://m.blog.naver.com/711sns/221006724498

 

自律移動式無人店舗、MOBY MART(スウェーデン)

ついにお店が自分の元にやってくる時代が!MOBY MARTはスマホを使って自分の元へ自律移動式無人店舗を呼び、買い物が出来る全く新しいタイプの無人店舗です。


走行の際、この大きさで交通法上問題がないかなどの疑問や、よくよく考えて店舗が来るのを待つくらいならほしいものを1時間で届けてもらえるAmazon Primeの方が便利では?という考えが一瞬頭をよぎりましたが、敷地の広い施設や大学などであれば使い道があるかもしれません。

参考:http://www.themobymart.com/

なかなか浸透しなかったセルフレジが一般的な決済方法となったいま、2〜3年後には無人店舗が普通に街中に点在しているかもしれません。
今後も新しい店舗形態に要注目です。

 

「O2Oまとめ」を運営するアイリッジは、GU、東急電鉄、トリンプなど、様々な企業様の公式アプリを企画・開発させていただいております。
アプリを通じた企業とユーザーとのコミュニケーションツールとして業種を問わず、幅広いシーンでご活用いただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

TEl:03-6441-2325

営業時間: 平日10:00-19:00


                      

本記事に興味をお持ち頂き、ご質問等含めてディスカッションされたい法人様向けに、無料個別相談会を設けておりますのでお気軽にお申し込みください。

pageTop