【身近なOMO】スマートストア「TRIAL 長沼店」から学ぶ、新しいお買い物体験

こんにちは。マーケティング担当の堀です。

今回は『身近なOMO』をテーマに、千葉県にあるスマートストアの「TRIAL 長沼店」の体験記をお届けします。
こちらは2020年7月にリニューアルオープンし、リテールAIを導入しているとのことで、以前から気になっていた店舗です。

感染者数も落ち着いてきたとはいえ、感染対策には十分気をつけながら体験してきました。

 

「TRIAL 長沼店とは」

TRIALは小売流通業界にリテールAIを導入し変革をもたらすため、自らデバイス開発や九州でのスマートストアの展開を行ってきました。

2019年11月、リテールAIの普及を目指す5社と「リテールAIプラットフォームプロジェクト『リアイル』」を結成し、プロジェクトの旗艦店としてTRIAL 長沼店をリニューアルオープンしました。

TRIAL 長沼店は、TRIALが開発したタブレットとバーコードリーダーを搭載したセルフレジ機能付きの買い物カート「スマートショッピングカート」や、小売店での使用に特化した AI エンジン搭載カメラ「リテールAIカメラ」などを導入し、デジタルをフルに生かしたスマートストアです。

 

実際にTRIAL 長沼店を体験してきた

お店に入ってまず初めに目についたのが「スマートショッピングカート」です。



ショッピングカートにタブレットがついているのが見えるでしょうか。目にした瞬間から「早くあのカートを触ってみたい」と気持ちが高まっていましたが、初めての訪問だったのでまずはあるものを手に入れなければなりませんでした。



こちらのプリペイドカードです。このカードにお金をチャージすれば、スマートショッピングカートを利用することができます。
スマートショッピングカートを一台取り、先ほど入手したプリペイドカードをスキャンして、買い物スタートです。



買い物の仕方はすごく簡単。欲しい商品があったらタブレット下に設置してあるスキャナーに商品バーコードをかざすだけ。
スキャンもスムーズで、なかなか読み取れないなどのイライラは全くありませんでした。



タブレットには常時おすすめの商品や、利用できるクーポン情報が表示されていました。
購買情報によっておすすめの商品が最適化されるため、来店すればするほど利用者に沿った商品が表示されるそうです。



デジタルクーポンがタブレットで確認できるのもとてもありがたい仕様でした。
アイリッジでもアプリへのデジタルクーポン導入を推奨していますが、紙媒体のクーポンと違い持ち運ぶ手間もありませんし、他地域から来た私も利用することができました。改めてデジタルクーポンの良さを実感しました。

買い物中にふと上を見上げると、何やら白い機械がお店の至る所に設置されていました。
これがAIエンジン搭載カメラの「リテールAIカメラ」です。



リテールAIカメラには「AIの目で売場を最適化する」というコピーがあります。そのコピーの通り、商品の在庫状況や店内の人流をデータ化・分析し、売場を最適化する役割を担っています。
欠品状況のデータを蓄積・分析して発注量や陳列量の最適化に寄与したり、利用者が立ち止まった場所や手に取った商品などの把握をしたりもしています。
(個人情報保護のため、映像そのものは蓄積されず、分析結果のみをサーバーに送信する仕様になっています。)


AIの目による売場最適化によって、店舗にとっては販売チャンスを逃しにくくなりますし、利用者にとっては快適な買い物体験を得ることができます。
リテールAIカメラは店舗、利用者のどちらにとっても最適な売場を作るための重要なデバイスです。



お買い物も終わり「あとはお会計」と思っていたのですが、なんとレジでのお会計いらず!
カートに商品を乗せたままゲートを潜るだけで、自動的にお会計が終了。
本当に支払いできているのかな?とドキドキしながらも、初めてのスマートストア体験が終了しました。

 

体験した感想

・買い物でのストレスフリー

お昼過ぎの時間帯に訪問したので比較的来客数は多かったのですが、ウォークスルーの会計のためレジ待ちに時間を取られることがありませんでした。
初めての利用でもタブレットで情報を得ることができるし、誰に見られることなくクーポンを利用して買い物を完結することができたのも、私にはとてもストレスフリーでした。

そして最近は感染状況が落ち着いてきたものの、まだコロナによる不安を持っている方は多いと思います。
そんな中、非接触・非対面で買い物できることで、より安心して日々の買い物を楽しむことができると感じました。

・誰でも利用しやすいスマートストア

スマホの普及に伴いタッチパネルへの抵抗も少なくなったせいか、小さなお子様もご高齢の方々も何不自由なくスマートショッピングカートを利用していました。
来店前は、スマートストアではターゲットが絞られてしまうのではないかと思っていました。しかし、実際店舗を訪れてみると老若男女関係なくスマートショッピングカートでの買い物を楽しんでいました。

現在(2021年11月)、全国のTRIALのうち51店舗で、約5000台のスマートショッピングカートが稼働しているようです。
今後、利用者にとっても、働く人にとっても日々最適化されるスマートストアが広がっていき、人々がストレスフリーに買い物を楽しめるようになることを心待ちにしたいと思います。

FANSHIP始めませんか?

大手300アプリが導入。アプリデータから
顧客との継続的な関係づくりを実現します。
使われないアプリから"愛される"アプリへ。

アプリ無料相談

アプリの企画、開発、UI/UX改善やグロース
ハックに関するお悩みなど、お気軽にご相談
ください。オンラインでもご対応可能です。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT