店舗アプリのメリット・デメリットとは?独自機能や必要とされる理由等も解説

近年、多くの企業や店舗がデジタル時代の波に乗り、顧客とのより密接な関係を築くためにさまざまな手段を模索しています。

その中でも特に注目を集めているのが「店舗アプリ」です。

 

店舗アプリは、スマートフォンやタブレットなどのデバイス上で動作する専用アプリケーションのことを指します。

集客だけでなく、顧客分析や業務効率化などの面でもさまざまなメリットがあります

 

そこで本記事では、店舗アプリのメリットや必要性を解説します。

Webサイトとの違いやアプリならではの機能について、さらに店舗アプリのデメリットやその解消法も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

店舗アプリとは

店舗アプリとは、企業や店舗が自社のブランドやサービスをより便利に提供し、顧客とのつながりを強化するために開発・提供される、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス向けの専用アプリのことです。

 

一般的な店舗アプリは、顧客がスマホ上で簡単に利用できるように設計されています。

これにより、顧客はアプリを通じて商品の検索・購入、最新のキャンペーンやセール情報の受け取り、店舗とのコミュニケーション、ポイントや特典の管理などを行うことができます。

 

スマホやタブレットが私たちの生活の中で当たり前の存在となった今、あらゆるビジネスにおいて、アプリを利用したマーケティング施策が欠かせなくなっているのです。

 

店舗アプリを導入するメリット

店舗アプリには、以下のようなメリットがあります。

 

  • 顧客とコミュニケーションが取れる
  • リピーターの確保が行いやすい
  • 顧客情報を活用したマーケティングができる
  • 業務効率化につながる

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

メリット1 顧客とコミュニケーションが取れる

店舗アプリを導入する上でのメリットの1つは、顧客とのコミュニケーションを強化できる点です。

 

アプリのプッシュ通知機能を活用することで、新商品やセール情報、イベントなどの最新情報を顧客に直接かつリアルタイムに配信できます。

顧客は店舗からの通知をロック画面上で確認できるため、アプリを開かなくても重要な情報を逃さず受け取ることができます。

 

また、アプリを利用して顧客からのフィードバックや質問を受け付けることも可能です。

顧客との対話を通じて、彼らのニーズや要望を把握し、より良いサービスの提供や改善点の特定に役立てることができます。

このような双方向のコミュニケーションは、顧客の満足度を向上させ、顧客ロイヤルティを高める上で重要となります。

 

メリット2 リピーターの確保が行いやすい

店舗アプリは、顧客に対してオリジナルの特典やポイント制度を提供することができます。

顧客がアプリを使用して購買や利用を行うたびにポイントを貯められる仕組みや、会員限定の割引クーポンの発行などで、リピート購買を促進することができます。

 

また、プッシュ通知を活用することで、休眠顧客(店舗を利用したことがあるものの、しばらく来店や利用がない顧客のこと)の再来店を促すこともできるでしょう。

 

ポイント制度や個別のメッセージによるアプローチは、顧客のロイヤルティを高めるだけでなく、アプリを利用すること自体が特典を享受できることに繋がるため、よりリピート利用を増やす効果が期待できます。

 

メリット3 顧客情報を活用したマーケティングができる

店舗アプリを利用することで、顧客に関する有用な情報を収集・分析できる点も大きなメリットです。

顧客がアプリを使用することで、行動データや購買データを得られます。それらを分析することで、顧客の嗜好や購買パターンを把握できます。

 

この情報を活用して、セグメント分けした顧客に広告やオファーを提供することができます。

例えば、「特定の商品に関心を示している顧客に対してその商品のクーポンを送る」「過去に利用したことのある顧客に対してリピート利用を促すメッセージを送る」などです。

 

顧客にとって魅力的なコンテンツやオファーを提供することで、効果的なマーケティングが行えます

 

メリット4 業務効率化につながる

店舗アプリは、顧客との対話や情報提供を自動化することにより、業務効率化にも効果的です。

例えば、アプリを利用してオンライン注文を受け付けることで、従来の電話や窓口での注文対応にかかる時間を削減できます。

 

また、アプリを通じて集められる顧客データや売上情報などの分析は、ビジネスの戦略立案や意思決定に役立ちます。

効果的な販促活動や在庫管理、効率的な人員配置など、経営において重要な判断をサポートする要素となります。

 

店舗アプリが必要とされる理由

飲食店や美容院の店舗型ビジネスにおける従来の集客方法としては、メルマガの配信やチラシの配布などが一般的でした。

では、なぜ最近では集客に店舗アプリが必要だといわれているのでしょうか。

 

もっとも大きな理由に、デジタル化に対応する必要性があります。

スマホやタブレットが普及し、オンラインで商品を購入したり、キャッシュレスを利用したりする消費者が増えました。

店舗アプリは、これらのデジタル化した消費行動に対応する手段として必要不可欠です。

 

また、市場内の競争の激化も、店舗アプリが必要とされている理由の1つでしょう。

個人が独立しやすくなり、店舗やブランドが増え続けている今、店舗は顧客に「選び続けてもらう」必要があります。

顧客と密接なコミュニケーションが取れる店舗アプリは、そのためにも重要なのです。

 

店舗アプリとWebサイトの違い

店舗アプリの導入を検討している方の中には、「すでにWebサイトを運営しているけど、それだけじゃ不十分なの?」という疑問を持つ方も多いでしょう。

 

店舗アプリとWebサイトはスマホで利用できるという点では同じですが、それ以外の点でさまざまな違いがあります。

以下に店舗アプリとWebサイトの違いをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

店舗アプリ

Webサイト

ターゲット層

リピーター向け

新規顧客

顧客の定着効果

高い

(プッシュ通知により最新情報を常に発信できるため)

低い

(情報を更新したとしても、顧客に見てもらえるとは限らないため)

使われやすさ

高い

(一度ダウンロードしてもらえばそれ以降の利用ハードルは低くなるため)

低い

(毎回わざわざアクセスする必要があるため)

 

決して、どちらかが良い・悪いというわけではありません。大切なのは、店舗アプリとWebサイトの違いを把握した上で、双方を効果的に活用することです。

 

店舗アプリの独自機能

店舗アプリには、以下のような、Webサイトにはない独自の機能があります。

 

  • 会員証:顧客がアプリ内で簡単に会員カードを表示できる機能で、紛失や再発行のリスクが少ない
  • ポイントカード・スタンプカード:購買行動や特定の条件を満たした場合にポイントやスタンプを付与し、それを貯めることで特典を提供する機能でリピーターを獲得しやすい
  • プッシュ通知:店舗からの重要な情報や特典、キャンペーンなどを顧客に直接配信する機能で、メルマガよりも開封率が高い傾向にある
  • クーポン発行:アプリ内で特別な割引クーポンを顧客に提供する機能で、新規顧客の獲得や売上促進に効果的

 

また、店舗アプリではこのほか、Webサイトでも利用できる機能(予約・予約管理・顧客管理など)も利用可能です。

さまざまな機能を活用することによって、効果的に集客力アップや売上増加につなげることができます。

 

店舗アプリを導入するデメリット

店舗アプリの導入には多くのメリットがある一方、以下のようないくつかのデメリットも存在します。

 

  • 開発・運用に費用や手間がかかる
  • 通信トラブルやバグが発生する可能性がある
  • 顧客にダウンロードしてもらう必要がある

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

デメリット1 開発・運用に費用や手間がかかる

店舗アプリを開発するためには、専門的な知識を持つ開発者やデザイナーが必要となります。

そもそも、どのようなアプリであればユーザーに使ってもらいやすくなるのか、要件や仕様を設計できる人物も必要です。

 

また、アプリの開発には時間と手間がかかるため、それに伴うコストもかかります。

複数のプラットフォーム(iOSとAndroidなど)に対応するとなると、さらに費用はかかるでしょう。

 

デメリット2 通信トラブルやバグが発生する可能性がある

店舗アプリはインターネットやネットワークに接続して動作することが一般的です。

そのため、通信環境によるトラブルやサーバーの障害が発生する可能性があります。

 

トラブルやバグによってアプリの動作が遅くなったり、一部の機能が正常に動作しなくなったりすると、ユーザーが不満を持ってしまうでしょう。

せっかくダウンロードしてもらえたのに、使われなくなったり、アンインストールされてしまったりするということも起こりかねません。

 

デメリット3 顧客にダウンロードしてもらう必要がある

店舗アプリを利用するためには、顧客がアプリをスマートフォンやタブレットにダウンロードしてインストールする必要があります。

 

しかし、アプリのダウンロードは一定のハードルがあるため、全ての顧客にアプリの導入を促すことは容易ではありません。

また、スマートフォンのストレージ容量の限界や、顧客が多数のアプリをダウンロードしている場合、アプリのダウンロードを躊躇する可能性もあります。

 

店舗アプリの導入デメリットを解消する方法

店舗アプリ導入によるデメリットは、以下のような工夫によって解消可能です。

 

  • パッケージアプリサービスや運用代行を利用する
  • 新規ダウンロードクーポンを発行する
  • ユーザー離れを防ぐ工夫を行う

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

方法1 パッケージアプリサービスや運用代行を利用する

アプリの開発・運用に費用や手間がかかるデメリットを解消するためには、パッケージアプリサービスや運用代行を利用する方法があります。

 

パッケージアプリサービスとは、あらかじめ用意されたテンプレートやツールを使用してアプリを開発できるサービスのことです。

開発に関する知識やノウハウがなくても、比較的短期間でアプリを開発することが可能です。

また、ゼロからアプリを開発するよりも低コストで開発できます。

 

また、運用代行を委託することで、アプリの保守や更新などの作業を専門のチームに任せることができます。

トラブルへの対応も迅速・丁寧に行ってもらえるため、顧客離れを防ぐことにもつながります。

 

パッケージアプリサービスについて、詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。

 

方法2 新規ダウンロードクーポンを発行する

店舗アプリの導入に際して、新規ダウンロードクーポンを発行することで、顧客のアプリダウンロードを促進することができます。

アプリのダウンロードのハードルを低くする効果に期待できるのです。

 

また、アプリをダウンロードすることのメリットを伝えることも効果的です。

「定期的にアプリ限定クーポンを発行しています」「アプリでしか購入できない商品があります」などとアプリの利用によって得られるメリットを伝えることで、ダウンロード率を向上させることができます。

 

方法3 ユーザー離れを防ぐ工夫を行う

アプリを導入した後もユーザーにアプリを使い続けてもらうためには、ユーザー離れを防ぐ工夫が必要です。

 

アプリ内の情報は常に最新に保ったり、トラブルや不具合が発生したらすぐに対応したりすることを心がけましょう。

また、アプリ内での特典やキャンペーン、限定情報の提供など、ユーザーがアプリを使い続ける動機付けを行うことも重要です。

 

ユーザーエンゲージメントを高めるためには、アプリ内のコンテンツやサービスを充実させ、顧客にとって魅力的な要素を提供することが必要です。

 

店舗アプリの開発費用の相場

店舗アプリの開発費用は、さまざまな要因によって大きく異なります。

 

例えば、スクラッチ開発(ゼロからアプリを開発すること)を開発会社に依頼する場合、数百万円以上かかることもあります。

一方、利用できる機能やデザインは限られているものの、アプリ開発サービスを利用すれば比較的低コストで開発可能です。

中には0円でお試しプランを利用できるサービスもあります。

 

アプリの規模や機能、対象プラットフォーム(iOS、Android、両方)、デザインの複雑さ、開発者の経験レベルなどによっても開発費用には差が生じます。

必ず事前に相見積もりを取って比較検討するようにしましょう

 

また、アプリの運用や保守にもコストがかかることを忘れないようにしてください。

アプリの更新やセキュリティ対策などを考慮して、継続的な運用費用も見積もる必要があります。

 

アプリの開発費用について、詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。

 

まとめ

スマホやタブレットが私たちの生活の中で当たり前の存在となった今、あらゆるビジネスにおいて、アプリの活用が欠かせなくなりつつあります。

顧客エンゲージメントの向上や集客力アップのため、店舗アプリの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

アプリと言っても、その開発方法にはさまざまな方法があります。

アイリッジでは、これまでさまざまな企業様のアプリ開発に携わっております。それぞれの企業様のご要望に合わせて提案することが可能ですので、まずはお気軽にアイリッジまでお問い合わせください。

APPBOXパッケージ今なら月額費用12ヶ月無料!

事業・サービスに
関するお問い合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問い合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT