アイリッジの「popinfo」を活用したNTTデータの「アプリバンキング」を西日本シティ銀行へ提供開始

 

2015年3月25日

株式会社アイリッジ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小田 健太郎、以下:アイリッジ)が提供する「popinfo」を活用した、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)の金融機関向けスマートフォンアプリ「アプリバンキング」が、株式会社西日本シティ銀行(本社:福岡県福岡市、取締役頭取:谷川 浩道、以下:西日本シティ銀行)に採用され、2015年3月30日よりサービス提供が開始されます。

本アプリは、NTTデータ、アイリッジ、沖電気工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 秀一、以下:沖電気工業)の3社で企画・検討を行い、プッシュ通知機能に「popinfo」が活用されています。

金融機関が「アプリバンキング」を導入する事で、金融機関の顧客はスマートフォンからリアルタイムでの入出金明細確認ができるほか、入出金等残高変動時の自動通知を受け取る事が可能となります。また、金融機関は顧客の位置情報を活用し、位置連動型プッシュ通知などを行う事が可能となり、地域に密着した金融機関ならではのキャンペーン情報やお知らせなどを最適なタイミングで配信する事が可能となります。バンキングアプリに位置情報を活用したプッシュ通知が採用されたのは業界初となります。

尚、本件はNTTデータが主催するオープンイノベーションフォーラム「豊洲の港から」での出会いをきっかけとして、事業化が進められた事案です。

背景

近年のスマートフォンの普及により、消費者のインターネットへのアクセス手段は、パソコン(ブラウザー等)からスマートフォン(アプリ等)へシフトしており、企業等では顧客の行動様式に合わせたサービス提供が求められています。O2O やオムニチャネルに代表されるリアルとバーチャルの連携、スマートフォンをコミュニケーションツールとして活用した顧客接点拡大のニーズが高まっています。

これに伴い、金融機関においてもこれまでのインターネットバンキングに加え、顧客のライフスタイルにあわせた商品やキャンペーンの通知などを行うことができる、新たな顧客接点ツールが求められています。

3社は金融機関と顧客をさまざまな利用シーンでつなぐ生活密着型サービスとして、「アプリバンキング」の企画検討を行い、今回、そのサービスコンセプトが西日本シティ銀行の経営戦略の推進に資すると判断され、採用・提供開始となりました。

20150325

NTTデータ「アプリバンキング」サービス概要

NTTデータが提供する金融機関向けスマートフォンアプリ「アプリバンキング」は、主に「1.バンキング」「2.マーケティング」「3.金融機関コンテンツ」の3つのメニューから構成されています。アプリユーザーは、アプリから必要な情報を登録する事で即座にインターネットバンキング(照会情報)を利用する事が可能となります。

 

(1) バンキング「バンキング機能」

・入出金明細照会(自動照会/手動照会)
顧客のアプリ操作によりリアルタイムでの入出金明細照会を行い、アプリ画面上に照会結果(残高・取引明細)を表示します。また、アプリが定期的に自動で照会を行い、預金口座の最新残高・取引明細を取得し、新たな明細がある場合はスマートフォン画面にポップアップで通知します。

・明細保管
照会して取得した明細データを保管・表示し、通帳と同じように活用ができます。

 

(2) マーケティング「プッシュ通知機能」

 ・メッセージ配信機能
アプリにダイレクトにプッシュ通知し、効果的なメッセージ(キャンペーン、商品案内、お知らせ等)を配信します。

・位置情報連動機能(O2O)
端末のGPS/Wi-Fi/Beacon 等から取得した位置情報にもとづき、エリアを指定してメッセージを配信します。
※本機能において、アイリッジが提供するスマートフォン向けO2Oソリューション『popinfo(ポップインフォ)』が活用されています。

 

(3) 金融機関コンテンツ「ポータル機能」

 ポータル画面より、金融機関の各種コンテンツ(金融機関Web サイト、ATM 検索、商品検索、口座開設等)へ連携します。

「popinfo」を活用した特長・メリット

アプリ利用者
生活に密着したキャンペーン情報や、住宅ローン利率の変更などライフスタイル・イベントにあわせた必要な情報を必要なタイミングに必要な場所で受動的に知ることができます。

金融機関
金融機関と顧客間の接点強化を図ることが可能となり、顧客の生活や地元に密着した地域金融機関ならではのサービス提供が可能となります。

 

(1) 導入期間の短縮とコスト削減

金融機関は本サービスを導入することで、自社独自の構築をする必要がなく、安価かつ短期間に、O2Oに対応した自社のスマートフォンアプリの提供が可能になります。

 

(2) マーケティングでの活用

プッシュ型のレコメンド配信は、セグメント配信、One to One マーケティングのインターフェースを備え、マーケティングのさらなる高度化を実現します。

活用例

① 金融機関は、銀行員による端末操作やCRMシステム連動により、顧客のライフスタイル・イベントにあわせた最適なキャンペーン配信が可能です。

② GPS/Wi-Fi/Beacon 等位置情報に連動したプッシュ通知を行うことが可能となります。例えば、顧客が住宅展示場にいる際に住宅ローン商品のお知らせを通知するなど、顧客の動きにあわせた最適なタイミングでキャンペーン配信をすることができます。

③ 地元商店街やショッピングモールと提携し、レコメンド情報やセール情報、クーポンなど、地域活性化をはかる情報を発信することで、地元と密接に連携した地域金融機関ならではのサービスを提供することが可能となります。

今後について

アイリッジは、今後、金融分野においても、新たなサービス・価値を創造し、金融機関による地域密着型金融の実現や、金融機関と地域商業施設との連携等による地域創生の支援を行っていきます。

西日本シティ銀行アプリダウンロードページ
 

 

スマートフォン向けO2Oソリューション『popinfo(ポップインフォ)』とは

URL:https://popinfo.iridge.jp/

“O2Oグランプリ”大賞を受賞した、スマートフォン(Android/iPhone/iPad)の待受画面に位置連動でプッシュ通知でメッセージを配信できるサービスです。既存のスマートフォンアプリに組み込むだけで、エンドユーザーのスマートフォンの待ち受け画面へ「位置情報(GPS/Wi-Fi/Bluetooth/iBeacon)※海外対応済み」「属性情報」「時間帯」をトリガーに、伝えたい情報をポップアップさせます。お店に近づいたユーザーや、オンライン(ネット/アプリ)のユーザーを実店舗へ誘導することに高い効果を発揮します。

オンライン(ネット/アプリ)とオフライン(実店舗)の相互連携を促進するO2O(オンライン ツー オフライン)・オム二チャネルソリューションとして、小売、サービス業を中心に200アプリ以上にご導入頂いております。海外展開にも対応し、海外企業向けの提供も開始しております。

お問い合わせはこちら

株式会社アイリッジ 広報担当:藤原
e-mail:pr@iridge.jp  Tel:03-6261-3843

 

※「iBeacon」は、Apple Inc.の登録商標です。
※「iPhone」「iPad」はApple Inc.の商標です。iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
※「AnserParaSOL」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
※ 記載された社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です

個別相談会

法人様向けに、無料個別相談会を設けて
おります。お気軽にご相談ください。

お申込みフォームへ

無料トライアル

導入をご検討のお客様向けに無料
トライアル期間を設けております。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT