ニュース

地域経済活性化と金融サービス向上を目的に電子地域通貨の導入を目指します

株式会社伊予銀行と株式会社アイリッジは、フィンテックソリューションによる地方創生の取り組みとして電子地域通貨の導入を目指します。

O2Oソリューション「popinfo」のユーザー数が 2017年11月、7,500万ユーザーを突破!

株式会社アイリッジの提供するスマートフォン向けO2Oソリューション「popinfo」の利用ユーザー数が、2017年11月に7,500万ユーザーを突破しましたので、お知らせいたします。

アイリッジ テクノロジー企業成長率ランキング 「デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」で 393位を受賞

株式会社アイリッジは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッドが発表したテクノロジー・メディア・通信業界の収益に基づく成長率のランキング、 「デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」において、過去3決算期の収益に基づく成長率100%を記録し、500位中393位を受賞いたしました。

「popinfo」を活用したNTTデータの「バンキング機能」 付きアプリ、信用金庫業界向けに初めて提供開始

株式会社アイリッジが提供する「popinfo」を活用した、株式会社NTTデータの信用金庫向けスマートフォンアプリ「アプリバンキング」が、多摩信用金庫、三島信用金庫、西尾信用金庫、浜松信用金庫、碧海信用金庫、福岡ひびき信用金庫、城北信用金庫、瀬戸信用金庫、豊田信用金庫で導入されました。

「東急線アプリ」の機能を拡充し、運行情報を音声で提供 「Amazon Alexa」に対するスキルを開発支援

株式会社アイリッジは、東京急行電鉄株式会社が提供する「東急線アプリ」の機能拡充のため、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」とその対応機器である「Amazon Echo」の国内提供開始に合わせ、Alexaに対応する同社のスキルを開発支援しました。

金融業界初、岐阜県飛騨・高山地域における スマートフォンアプリを活用した電子地域通貨 加盟店 約100店舗から商用化スタート

株式会社アイリッジと飛驒信用組合は、かねてから取り組んでいたスマートフォンアプリを活用した電子地域通貨「さるぼぼコイン」の開発を完了し、12月4日(月)から地元住民および観光客向けに提供を開始します。

電子地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」 ハウステンボス「テンボスコイン(仮称)」に採用

株式会社アイリッジが開発した電子地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」が、ハウステンボス株式会社が決済システムの実証実験として導入する電子通貨「テンボスコイン(仮称)」に採用されました。

1 / 3312345...102030...最後 »
pageTop