アイリッジ、フィンテックにおける有力技術であるブロックチェーン技術のO2O領域への適用に向けた一次技術検証を実施

2016年9月9日

 株式会社アイリッジは、フィンテックにおける有力技術であるブロックチェーン技術のO2O領域への適用について、一次技術検証を実施したことを発表いたします。

 アイリッジは、O2O領域でのリーディングカンパニーとして、ポイントサービス(popinfoポイント)、クーポンサービス(popinfoクーポン)等のO2Oソリューションを提供しておりますが、この度、自社ソリューションへのブロックチェーン技術の適用に向けた一次技術検証を実施いたしました。本検証においては、テックビューロ株式会社が提供するプライベート・ブロックチェーン基盤ソフトウェア「mijin」を利用し、当社ポイントサービス(popinfoポイント)へのブロックチェーン技術の適用について検証いたしました。その結果、ブロックチェーン技術の有用性を活かせる部分と、存在する課題について確認することができました。

 ブロックチェーン技術の特に有用な特徴としては、取引記録の改ざんが困難であることがあげられます。当社が提供するポイントサービス(popinfoポイント)への適用としては、ポイントの付与や使用、ポイント残高管理、有効期限などの情報処理への活用が第一に考えられます。特にポイントサービスにおいては、複数の企業間でのポイント交換等のニーズもあるため、複数企業間を流通していくポイント情報の処理において、改ざんが困難なブロックチェーンの有用性をより享受できることになります。

 また、当社のポイントサービス(popinfoポイント)は、クレジットカードでポイントを事前購入することも可能なため(自社サービスの「BUS PAY」にて実装済み)、アプリ内プリぺイドカードや企業・地域固有の通貨としても応用でき、これにブロックチェーン技術を活用していくことも考えられます。

 加えて、スマートフォンアプリ向けのクーポン提供においても、ポイントサービス同様、クーポンの付与や使用、クーポン残高の管理、有効期限等の利用履歴管理が必要となるケースが増えてきており、当該部分においてブロックチェーン技術の活用が考えられます。

 一方で、取引処理の完了時間が不確定であることや、取引履歴の集計処理等に課題もあるため、実用化に向けてはこれらの課題に対応する形でのブロックチェーンの活用が必要となります。

 今後はブロックチェーン技術の有用性を活かした適用範囲の更なる検討と、課題を解決する取組方法の検討を進め、ブロックチェーン技術のO2O領域への適用検討を進めてまいります。

テックビューロ株式会社について

テックビューロ株式会社は、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。ビットコインを含む暗合通貨の為替取引プラットフォーム「Zaif」やプライベート・ブロックチェーン基盤ソフトウェア「mijin」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。
URL: http://techbureau.jp/

「mijin」について

「mijin」は、クラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベート・ブロックチェーン環境を構築できるプラットフォームです。既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能なセキュリティ環境が構築できる他、実質ゼロダウンタイムを実現します。金融機関から電子マネー、ポイント、オンラインゲーム、ロジスティクスまで、幅広くご利用頂けます。
URL: http://mijin.io/

本件のお問い合わせ

株式会社アイリッジ  広報担当
E-mail : pr@iridge.jp  Tel : 03-6441-2325 Fax : 03-6441-2425

「O2Oまとめ」を運営するアイリッジは、GU、東急電鉄、トリンプなど、様々な企業様の公式アプリを企画・開発させていただいております。
アプリを通じた企業とユーザーとのコミュニケーションツールとして業種を問わず、幅広いシーンでご活用いただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

TEl:03-6441-2325

営業時間: 平日10:00-19:00

コメントは受け付けていません。

pageTop