「popinfo」を活用した、NTTデータの 「アプリバンキング」、京都銀行向けにサービス開始

〜スマホアプリを活用した顧客接点、プッシュ通知の活用で顧客体験を加速〜

2017年3月27日

 株式会社アイリッジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小田 健太郎、以下「アイリッジ」)が提供する「popinfo」を活用した、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下「NTTデータ」)の金融機関向けスマートフォンアプリ「アプリバンキング」に通帳機能が加わり、2017年3月13日から京都銀行に提供開始されました。

 アプリ利用者はアプリバンキングから簡単な登録をすることで、スマートフォン上で通帳形式による入出金明細の照会や保存が可能となります。本機能を利用し、実通帳からスマートフォン上に通帳機能を切り替えることで、アプリ利用者、金融機関が実通帳の媒体保存にかかるコストや手間を削減することができます。

 

背景

 近年のスマートフォンの普及により、消費者のインターネットへのアクセス手段は、パソコン(ブラウザー等)からスマートフォン(アプリ等)へシフトしており、企業等では顧客の行動様式に合わせたサービス提供が求められています。O2Oやオムニチャネルに代表されるリアルとバーチャルの連携、スマートフォンをコミュニケーションツールとして活用した顧客接点拡大のニーズが高まっています。

 これに伴い、金融機関においてもこれまでのインターネットバンキングに加え、顧客のライフスタイルに合わせた商品やキャンペーンの告知などを行うことができる、新たな顧客接点ツールが求められています。今回、スマートフォンアプリに組み込むことによって情報配信が可能となるソリューションとして、「popinfo」のサービスコンセプトが金融機関の顧客サービス満足向上に資すると判断され、採用されることになりました。

特長・メリット

1.アプリ利用者
1)紙媒体の通帳と同様の使い勝手
従来の紙媒体での通帳と同様のイメージのままスマートフォン上でも明細の確認ができるだけでなく、入出金明細へのメモ書きなど、従来の通帳と同じようにご利用いただくことが可能です。

2)アプリ再取得時の明細の再記帳が可能
機種変更時・スマートフォン紛失時などのアプリケーション再取得後でも、一度記帳済みの明細を再度取得することが可能です。

2.金融機関
1)通帳保管業務の負担軽減
アプリ利用者が本サービスを通帳代わりに利用することで、通帳の保管コスト、発行のための手続きに関するコストを削減することが可能です。

今後について

これからも、FinTech領域における新たなサービス・価値を創造し、金融機関による地域密着型金融の実現や金融機関と地域商業施設との連携などによる地方創生の支援を行っていきます。

本件のお問い合わせ

株式会社アイリッジ  広報担当
E-mail : pr@iridge.jp  Tel 03-6441-2325 Fax : 03-6441-2425

個別相談会

法人様向けに、無料個別相談会を設けて
おります。お気軽にご相談ください。

お申込みフォームへ

無料トライアル

導入をご検討のお客様向けに無料
トライアル期間を設けております。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT