墨田区における地域コミュニケーション活性化に向けた実証実験を開始

〜「フウガドールすみだ」の会員アプリでファンと墨田区事業者をつなげる〜

2017年7月10日

株式会社風雅プロモーション
 株式会社NTTデータ
 株式会社アイリッジ

 

 日本フットサルリーグ(Fリーグ)に所属する「フウガドールすみだ」を運営する株式会社風雅プロモーション(以下:風雅プロモーション)、株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)、株式会社アイリッジ(以下:アイリッジ)は、「フウガドールすみだ」のファンクラブ会員と墨田区事業者をつなげる地域コミュニケーションのプラットフォームとして、「フウガドールすみだ」の会員アプリを開発します。
 同アプリは、2017年8月から配布開始し、スポーツクラブの会員アプリを通じて、地域コミュニケーションの活性化を図ることを目指し、実証実験を行います。
 NTTデータは、今後、本実証実験によって得られた知見を基に、モバイルアプリケーションを活用した地域コミュニケーションのコンサルティングサービスを企画・開発し、地方創生に貢献していきます。

背景

 我が国の重要な政策課題として地域活性化が掲げられており(注1)、スポーツを通じた地域活性化が注目されています(注2)。スポーツの運営主体であるスポーツクラブは地域に根ざした存在であり、熱心なファン・サポーターを抱えているケースが多く、地域におけるコミュニケーション・ハブ機能を果たす上で、スポーツクラブの存在は有意義です。 本実証実験は、スポーツクラブを地域のコミュニケーションメディアとしてとらえ、そのプラットフォームとしてスマートフォンアプリを活用することで、コミュニケーション施策に取り組みます。ターゲットやタイミング、配信内容など各種施策を検証することで対象者のニーズを掘り起こし、地域活性化施策の企画立案を目指していきます。

概要

 「フウガドールすみだ」のファンクラブ会員に会員アプリを配布し、試合などの情報や墨田区事業者のクーポンを配信するなどコミュニケーションのための接点を設けるとともに、利用状況をはじめとしたデータを収集します。

 

体制

主幹
 NTTデータ(実証実験の企画、運営および結果の検証)
協業
 風雅プロモーション(ファンクラブ会員へのアプリ提供、地域事業者に対する実証実験協力の要請)
 アイリッジ(会員アプリの企画・開発)

会員アプリの概要

アプリ公開  : 2017年8月初旬
提供OS・Ver : Android 4.4以上、iOS 9以上
提供機能  : 会員証
        試合開催情報や地域からのお知らせのプッシュ配信
        試合会場内および周辺地域にて利用可能なクーポンの配布

 

今後について

 来年度以降、会員アプリに決済機能(注3)を搭載するなど、さらなる拡充を行うことで、より便利で快適なサービスを提供していくことを計画しています。また、NTTデータは、本実証実験によって得られた知見を基に、モバイルアプリケーションを活用した地域コミュニケーションのコンサルティングサービスを企画・開発し、地域創生に貢献していきます。

(注1) 出展 まち・ひと・しごと創生本部「まち・ひと・しごと創生基本方針2017」
(注2) 出展 『平成27年度文部科学白書』
(注3) 2017年3月21日ニュースリリース 「銀行口座を利用したスマホ決済サービスの開始について」
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2017/032101.html

*本文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件のお問い合わせ

株式会社アイリッジ  広報担当
E-mail : pr@iridge.jp  Tel 03-6441-2325 Fax : 03-6441-2425

「O2Oまとめ」を運営するアイリッジは、GU、東急電鉄、トリンプなど、様々な企業様の公式アプリを企画・開発させていただいております。
アプリを通じた企業とユーザーとのコミュニケーションツールとして業種を問わず、幅広いシーンでご活用いただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

TEl:03-6441-2325

営業時間: 平日10:00-19:00


                      

本記事に興味をお持ち頂き、ご質問等含めてディスカッションされたい法人様向けに、無料個別相談会を設けておりますのでお気軽にお申し込みください。

コメントは受け付けていません。

pageTop