「かんたんLINE応募で実現!ソーシャルメディア マーケティングセミナー」まとめ

 

2018年10月30日(火)、大阪にてデジタルガレージグループと共同で、
ゲストにLINE株式会社をお招きしたソーシャルメディア マーケティングセミナーを開催しました。

ソーシャルメディアの活用がデジタルマーケティングにおける重要課題となった昨今、
ソーシャルメディア(SNS)は様々な企業プロモーションに活用されています。

今回は、その中でも今やインフラとも呼べるコミュニケーションツールになっている
「LINE」を基軸としたSNSマーケティングの活用方法と、
SNSでユーザーを新規獲得した後のオウンドメディア(自社アプリ)の活用事例についてご紹介しました。

 

 

まずは開会に先立ち、

株式会社デジタルガレージ マーケティングテクノロジーカンパニーパフォーマンスマーケティング本部 西日本エリアマーケティング部 西日本エリア営業責任者の諸石真吾様からご挨拶。

 

 

セミナーはLINE株式会社のゲスト登壇から始まりました。

テーマはこの冬に変更を予定しているLINEアカウントの最新情報について。
西日本エリアセールスユニットの泉谷晃佑様に講演いただきました。

変更になる料金体系の詳細からLINE配信のコツ、
またセグメント配信でターゲティングすることの重要性など、有意義な情報満載のセッションでした。

 

 

続いて、今年8月からアイリッジのグループ会社になった
株式会社DGマーケティングデザイン マーケティング推進部の西井幸子が登壇。

DGマーケティングデザインでは、大手スポーツメーカー様などのLINEキャンペーンの実施実績があり、
「LINE版RT(リツイート)キャンペーンからマストバイまで」というテーマでお話しました。

※マストバイキャンペーン:購入者限定のキャンペーン施策。レシートなどを利用してシリアルナンバーを入力して応募する形式が取られることが多い

 


● 日常生活の延長で応募が出来るため応募ハードルを下げて参加意欲を上げられる

● マストバイキャンペーン時もレシート管理等が不要で、応募者にも管理者にも労力がかからない

● API連携でLPなどの制作物も対応でき、クーポンやデジタルギフトがインセンティブの場合はすべての作業がデジタルで完結。作業効率化と費用削減が出来る

● お問い合わせ窓口もLINEで完結。気軽にコミュニケーションを取りやすくすることでユーザーのブランド体験も向上させられる

● キャンペーン終了後もリスト配信やセグメント配信でOne to Oneコミュニケーションが出来る


 

対象ユーザーのスマホに既にインストールされていることが多いLINEを使ったキャンペーンには、
上記のようなメリットがたくさん。

前述のスポーツメーカー様においても、

・マストバイキャンペーン応募総数    :前年比3.5倍
・購入有無を問わないオープンキャンペーン:前年比2.5倍
・オフィシャルストアのマストバイ売上  :前年比170%
・スポーツ量販店のマストバイ売上    :前年比260%
・全国の取扱店舗のマストバイ売上    :前年比366%

という大成功を収めることが出来ました。

そして最後に、そのLINEを活用したキャンペーンをかんたんに実施できる、
DGマーケティングデザインのキャンペーンツール「TORICo(トリコ)」をご紹介しました。

 

 

最後は株式会社アイリッジ O2O事業部 営業開発グループ グループ長の内田智英が登壇。

各業界のマーケットリーダーの公式アプリを中心に
数多くのアプリの開発からマーケティング支援まで行ってきた実績をもとに、
「事例からわかる、使われるアプリにするためのコツ」というテーマで、
以下のようなことをご紹介しました。

 


「アプリはファン化促進のツール」

・アプリを主軸としたPDCAの回し方
・アプリでのユーザーの育て方
・LINEと位置情報を活用したアイリッジのマーケティングサービス「ジオリーチ」を組み合わせた、ユーザーの常連化と売上最大化について
・LINEビーコン活用例

「アプリ作りは店作り」

・来店したくなる魅力的な情報×効率的な情報伝達
・成功のための13ヵ条
・DL促進のための地上戦と空中戦から、起動促進→会員登録促進→来店促進・回遊促進→購買促進まで
・オンラインとオフラインでのユーザー(顧客)理解

「アプリ作りはチーム作りから」

・社内他部署や開発ベンダーとの連携、体制構築の仕方
・社内外の巻き込み方、各部署のKPIの立て方
・大手クライアント様の事例から、上手くいく運用体制実例などご紹介
・正しいアプリ運用体制が生み出した成功事例のご紹介


 

アプリはリリースしたら終わり、
ソーシャルメディア等でユーザーを集めたら終わり、
ではなく、そこからがスタート。

そして開発前からしっかりチーム作りをしていくことも大切、ということですね。

 

以上、簡単ですがまとめをお送りしました。

 

今後もアイリッジは、様々なセミナーやイベントに参加予定です。

セミナー・イベントのお知らせは、HPの「NEWS」>「イベント」カテゴリや公式Facebookページにて随時発信しています。

HP:https://iridge.jp/news_cate/event/
FB:https://www.facebook.com/iridge.jp

またメールでもご案内を差し上げていますので、
ご案内メールをご希望の方は下記まで「メール配信希望」とご連絡ください。

アイリッジイベント運営事務局<event@iridge.jp>

※突発的な登壇やイベントなど、事前に十分な告知ができない場合もあります。予めご了承お願いいたします。

個別相談会

法人様向けに、無料個別相談会を設けて
おります。お気軽にご相談ください。

お申込みフォームへ

無料トライアル

導入をご検討のお客様向けに無料
トライアル期間を設けております。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT