顧客データ分析プラットフォーム「FANSHIP」、ファンを育てる「アプリ内メッセージ機能」を提供開始

~アプリ内メッセージを活用したマーケティング・運用支援も開始~

2020年5月25日

 株式会社アイリッジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小田 健太郎、東京証券取引所マザーズ:3917、以下「アイリッジ」)が提供する顧客データ分析プラットフォーム「FANSHIP」は、2020年5月25日(月)より、ファネルに応じて任意のメッセージを表示できる「アプリ内メッセージ機能」を提供開始します。また、アイリッジが提供する「アプリ向け企画・運用支援サービス」においても、アプリ内メッセージ機能を活用したマーケティング・運用支援を提供開始します。

 アプリ内メッセージ機能では、ユーザーのファネルやアプリ内イベントに応じたメッセージをアプリ利用中のユーザーに出すことで、ユーザーを次のファネルへ誘導することが可能です。例えば、非会員ユーザーに対して会員登録特典を案内して会員登録や商品購入などのコンバージョン率を上げることや、特定の機能を利用したユーザーに他のコア機能を紹介してアプリの定着率を高めることが出来ます。最終的なゴールに向かってユーザーを「ファン」に育てるためのアプリマーケティングの中心を担う機能と言えます。

 FANSHIPでは、ユーザーのオンライン行動履歴とオフライン行動履歴、CRMデータを統合・分析し、結び付きの強さ「ファンレベル」を判断してセグメンテーションできる機能を強みとしています。今回、ユーザーのセグメンテーションが肝になるアプリ内メッセージ機能に対応したことで、FANSHIP活用の幅が大きく広がりました。

 アプリ内メッセージ機能はAndroid向けから提供開始し、6月中旬を目処にiOS向けも提供開始します。

アプリ向け企画・運用支援サービスについて

https://iridge.jp/news/201911/26084/

FANSHIP(ファンシップ)とは

 「FANSHIP」は、顧客を優良顧客へと育成し売上・利益を最大化するファン育成プラットフォームです。顧客のオンライン行動履歴とオフライン行動履歴、CRMデータを統合・分析して結び付きの強さ(ファンレベル)ごとにセグメンテーションでき、分析後は、自社アプリでの施策に加え、LINEを通じたコミュニケーションが有効な顧客にはLINE公式アカウントでのプッシュ通知やOne to Oneトーク等での施策も可能です。金融機関での導入事例も多く、メガバンクを始めとして約50の機関をご支援しています。

https://www.fanship.jp/

本件のお問い合わせ

株式会社アイリッジ 広報担当(電話:03-6441-2325)
メールアドレス:pr@iridge.jp FAX:03-6441-2425

 

個別相談会

法人様向けに、無料個別相談会を設けて
おります。お気軽にご相談ください。

お申込みフォームへ

無料トライアル

導入をご検討のお客様向けに無料
トライアル期間を設けております。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT