相鉄・JR直通線の列車走行位置・時刻情報表示を新たに開始 「相鉄線アプリ」バージョンアップを開発支援

~JR東日本乗り入れ区間まで対応を拡大し、ますます便利に~

2021年3月17日

 株式会社アイリッジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小田 健太郎、東京証券取引所マザーズ:3917、以下「アイリッジ」)は、相鉄グループの相模鉄道株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:千原 広司、以下「相模鉄道」)が提供する「相鉄線アプリ」のバージョンアップを開発支援しました。2021年3月17日(水)から提供開始したバージョンアップ版では、相鉄・JR直通線の列車において、JR東日本区間である羽沢横浜国大駅~新宿駅まで列車走行位置の表示を拡大し、列車走行位置画面での同区間の時刻情報表示を新たに開始しました。

 相鉄線アプリは、列車がどこにいるかリアルタイムで確認できる「列車走行位置」等に対応した、鉄道利用者向けアプリです。相鉄線全26駅の改札口の混雑状況がわかる「Station View」(ステーションビュー)機能に対応しており、駅の改札口付近に設置しているデジタルサイネージの運行情報と同じ内容も確認できます。アプリにはアイリッジのファン育成プラットフォーム「FANSHIP」が組み込まれており、列車の運転見合わせなどが生じた際には速やかにプッシュ通知でお知らせし、他社への振替輸送の経路を検索できるようになっています。

 今回のバージョンアップでは、これまでは自社区間のみの表示だった列車走行位置を乗り入れ先区間まで拡大することで、さらなる利便性の提供を目指します。

「相鉄線アプリ」について

・バージョンアップ日

2021年3月17日(水)

・今回追加された機能

1)列車走行位置対応区間の拡大

列車の種別や遅延時間、走行位置のリアルタイム確認ができる「列車走行位置」において、相鉄・JR直通線の羽沢横浜国大駅~新宿駅まで表示を拡大し、列車走行位置画面での同区間の時刻情報表示を新たに開始しました。駅に行く前に、乗車予定列車の現在位置や遅れの情報を確認できる範囲が広がりました。

ダウンロードページ
appstore googleplay
FANSHIP(ファンシップ)とは

「FANSHIP」は、顧客を優良顧客へと育成し売上・利益を最大化するファン育成プラットフォームです。顧客のオンライン行動履歴とオフライン行動履歴、CRMデータを取得・分析して結び付きの強さ(ファンレベル)ごとにセグメンテーションでき、分析後は、自社アプリでの施策に加え、LINEを通じたコミュニケーションが有効な顧客にはLINE公式アカウントでのプッシュ通知やOne to Oneトーク等での施策も可能です。金融機関での導入事例も多く、メガバンクを始めとして約50の機関をご支援しています。

https://www.fanship.jp/

本件のお問い合わせ

株式会社アイリッジ 広報担当(電話:03-6441-2325)
メールアドレス:pr@iridge.jp FAX:03-6441-2425

 

FANSHIP始めませんか?

大手300アプリが導入。アプリデータから
顧客との継続的な関係づくりを実現します。
使われないアプリから"愛される"アプリへ。

アプリ無料相談

アプリの企画、開発、UI/UX改善やグロース
ハックに関するお悩みなど、お気軽にご相談
ください。オンラインでもご対応可能です。

お問合せへ

TOP

事業・サービスに
関するお問合わせ

サービスに関するご相談や
ご質問など、こちらからお問合わせください。

03-6441-2441 03-6441-2441

受付時間月〜金 10:00〜18:00 ※祝日除く

CONTACT